診療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の予約管理の効率化、経営改善、集患を実現するクラウド型の予約システムです。受付の業務軽減・効率化・省人化を実現します。受付・精算業務は非接触チェックインや、オンライン決済機能を活用することで60%以上削減が可能です。

コラム

最新のセミナーご案内、過去のアーカイブ配信、お役立ち情報満載のコラムをご案内します

何から始めたらよいかを考える2
クリニック予約のシステム化は受付ルールの整理から

クリニック予約のシステム化は受付ルールの整理から
メディカル革命コラム
Yuko Inoue

こんにちは。GMO医療予約技術研究所です。

前回は予約システムを導入するにあたり、まずは ネットで受付する予約対象を絞ることをおすすめしました。

1.ネット予約のルールを明確に

次は、この予約対象を受付するための要件・ルールを明確にしていただきたいと思います。

これさえできていれば予約システムを始めるのはまったく難しくないのですが、これまでスタッフが現場判断で柔軟な受付対応をしていたためにルールが曖昧だったり、イレギュラー対応が多すぎる状態だったというお客様も少なくはないのです。

人間が判断して対応していたことを瞬時に処理してくれるのがシステムの凄いところなので、この際、受付ルールを整理する、または整理できた部分のみをシステム化する、ということを考えてみてください。下記は、メディカル革命の標準機能(標準プラン、DXスタータープラン共通)で制御できる項目で、すべてお客様にて設定をしていただけ、変更することも可能となっています。

1.1 予約受付のルールを患者さんに明示

ネットで予約を受けるのは便利そうではあるものの、

 

「クリニックの方針を理解しない患者さんに予約をされるのは困る」

とお考えのクリニック様もいらっしゃることでしょう。

メディカル革命では、予約サイトのトップページにクリニックのメッセージを掲載し、いつでも修正いただくことができます。

まずは予約サイトの患者さん向けメニュー名にルールの一部を表記してみましょう。

 

「診察の予約(18歳以上)」

 

このように書いてあるだけで、これまでスタッフが説明していたことを省略することができるようになります。

1.2 メディカル革命での予約受付、何を設定できる?

次に、メディカル革命でできる予約の制限、設定を確認し、どのようなルールにするか考えてみてください。
システムで制御できないものがある場合には、「お電話でご予約ください」と予約サイト上に明記し、それ以外のルール化できる予約内容はシステムに任せてみると良いと思います。

2.予約受付ルールの整理はスタッフ教育にも

ルールを整理してそれをシステムに落とし込むことは、スタッフ教育にも役立つそうです。

メディカル革命をご利用中の山手皮膚科クリニック様の導入事例パート2「メディカル革命に当院の複雑な予約運用ルールを移植することで、職員と患者さんとの間に共通言語をもつことができました」に詳しく書かれているので、ご興味をお持ちの方はぜひお読みください。

すでに上記の受付ルールは決まっているというクリニック様は、今すぐメディカル革命『DXスタータープラン』で予約受付をスタートいただけますよ。

関連記事

share
FaceBookでシェア X(Twitter)でシェア

目次

  1. 1.ネット予約のルールを明確に
    1. 1.1 予約受付のルールを患者さんに明示
    2. 1.2 メディカル革命での予約受付、何を設定できる?
  2. 2.予約受付ルールの整理はスタッフ教育にも

おすすめ記事

クリニック開業のポイント

カテゴリーから探す

お役立ちコラムメディカル革命コラム予約白書

タグから探す

IVRLINE呼出しLINE連携機能QRコードチェックインUI/UXWEB問診キャッシュレス決済キャンセル対策キャンセル待ちコスト削減コンサルティングリソース管理リハビリ予約リライト診察券レシートプリンタ予約の平準化予約枠コントロール予防接種予約他社切替え内科内視鏡内科医療DX収益拡大呼出ディスプレイ多言語機能婦人科完全予約制移行小児科待ち時間削減待合室混雑解消患者満足度向上整形外科新規開業時間帯予約検査予約業務効率化病院皮膚科精神科経営管理統計機能美容皮膚科脳神経外科複数拠点経営複数診療科診察の事前準備連鎖予約間隔制御集患電子カルテ連携

キーワードから探す

お問い合わせはこちらから

03-6413-0612

電話受付時間 平日9:00-17:30
※オペレーターへ繋がります。
担当より折り返しさせていただきます。