診療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の診療予約管理の効率化、経営改善、集患を実現する医療特化型クラウド予約システムです。時間をデザインする力で診療も経営ももっと柔軟に。受付の業務軽減・効率化・省人化も可能。

コラム

最新のセミナーご案内、過去のアーカイブ配信、お役立ち情報満載のコラムをご案内します

【2024年最新版】開業予定の医師必見!クリニック開業のポイント

クリニック開業のポイント
お役立ちコラム
マーケティングGr satake

クリニック開業に関する基本的な、最低限押さえておきたいポイントについて丁寧に解説します。クリニック開業のメリットや気を付けること、求められるスキル、スケジュール、機器選定についてなど幅広く情報をお届けします。

1. クリニックを開業するための基本のき

1-1. クリニック開業のメリットとデメリット

まずは開業のメリットについて3つのポイントに絞って見ていきましょう。

1. クリニックを自分の理念で運営できる

自らの理念や価値観をクリニック経営に反映させることで、継続性を持った医療を提供することができるため、患者さんの信頼を得やすくなります。

2. 自己裁量で医療を提供可能

クリニック開業では自分のスタイルや考えを反映させた医療を提供できるため、患者さんや医師双方が満足できる診療が提供できることが期待されます。

3. 収入アップの可能性が高い

クリニックの収益は医師の能力や努力次第で伸ばすことができ、自らの医療スキルや専門知識を活かして高収入を得ることができるため、モチベーションも維持しやすくなり、収入源の多様化も可能です。

次にデメリットについても3つのポイントに絞って見ていきましょう。

1. 開業資金や経営スキルが必要

開業には多額の初期投資が必要であり、それに加えて経営に必要な幅広いスキルや知識も必要となるため、開業前にしっかりと準備が必要です。

2. 経営上のリスクがある

競合や市場環境の変化など、経営上のリスクが常につきまとうため、柔軟な対応力やリスクマネジメント能力が求められます。

3. 患者獲得が難しい

知名度が低い新規クリニックは患者獲得が難しいため、効果的な集患策やマーケティング戦略が必要であり、時間と労力が必要となります。

1-2. クリニック開業地選びのポイント 都心部と地方の違い

▼都市部の場合

都市部では、患者さんの利便性のため交通アクセスが良いことが重要です。また、人口密度や需要分析を行い、需要が見込まれる場所を選ぶ必要があります。競合他院の有無も確認し、差別化ポイントを考える必要があります。

1. 交通アクセスの良さ

交通の便が良い場所を選ぶと、患者さんがクリニックに通いやすくなります。

2. 地価や賃貸料

都市部では高い地価や賃貸料がかかるため、事前に予算を十分に確保する必要があります。

3. 競合他社の密集度、人口密度や需要分析

周囲に競合他社が多い場合、他社との差別化ポイントを考える必要があります。

▼地方の場合

地方では地域の医療ニーズとマッチングすることが重要です。人口減少や高齢化の影響を踏まえて適切な診療科目を考える必要があります。
地域のコミュニティやネットワークにも関わりを持ち、信頼関係を築くことが重要です。

1. 地域の医療ニーズとマッチング

地域のニーズや人口動態を調査し、クリニックが受け入れられるか検討する必要があります。また、人口減少や高齢化の影響を踏まえて適切な診療科目を考える必要があります。

2. 地域との調和

地域のコミュニティやネットワークにも関わりを持ち、地域住民との信頼関係を築くことが重要です。

3. 医療人材の確保

働き手の減少や医師不足が深刻化している地方では、人材確保に工夫が必要となります。

2. クリニック開業前に押さえておきたいポイント

2-1. クリニック開業時のリスクと対策

上記の「クリニック開業のメリットとデメリット」でも触れましたが、開業のデメリットやリスクに対してしっかり対策することが重要です。

大きく3つのリスクと対策方法を見ていきましょう。

1. 集患のリスク

医療業界は競争が激しいため、新しく開業したクリニックが患者さんを獲得するのは容易ではありません。地域の市場調査や競合他院の分析をしっかり行わないと、患者数が伸び悩む可能性があります。

対策:
– 地域特性や需要を的確に把握し、ターゲットとなる患者層を明確化する。
– オンライン広告やSNSを活用し、効果的な集客を行う。
– 開業前からのマーケティング活動や地域住民とのコミュニケーションを重視する。

2. 資金不足のリスク

クリニック開業には多額の資金が必要となるため、予算が足りない場合には設備投資や経営資金が不足する可能性があります。資金繰りのリスクを事前に見積もり、対策を講じることが重要です。

対策:
– ビジネスプランや資金計画を事前に作成し、開業に必要な資金を適切に見積もる。
– 資金調達のための融資や投資家との交渉を行う。
– 開業後も資金状況を適宜モニタリングし、迅速な対応を行う。

3. 法令違反や訴訟リスク

医療機関は厳格な法令や規制を守る必要があり、違反や不手際があった場合には訴訟につながるリスクが存在します。法令遵守やリスク管理体制の強化が必要です。

対策:
– 法律や規制を遵守するためのコンプライアンス教育を実施し、全従業員が適切に理解する。
– リスク評価や予防措置の徹底を行い、問題発生時の対応体制を整える。
– 専門家やコンサルタントとの協力を得て、法務面やリスク管理についてサポートを受ける。

これらのリスクと対策を十分に考慮し、クリニック開業に成功するための準備をしていくことが重要です。

2-2. クリニック開業に必要な手続きと書類

クリニック開業にあたり、以下の手続きと書類が必要となります。

1. 開業届出書
まずは所轄の保健所に開業届出書を提出する必要があります。この書類にはクリニックの名称、所在地、代表者などの情報が記載されます。

2. 医師免許証明書
開業する医師が所持している医師免許証の写しを提出する必要があります。免許の有効期限や資格について確認されます。

3. 建築確認申請書
建物を新築する場合や改装する場合には建築確認申請書を提出する必要があります。建物の安全性や衛生環境について検査が行われます。

4. 医療機器安全管理責任者届出書
医療機器の安全管理を担う責任者をクリニックに選任し、その届出書を提出する必要があります。医療機器の適切な管理が求められます。

これらの手続きや書類は、クリニック開業に欠かせないものです。適切に手続きを進め、必要な書類を提出することでスムーズに開業することができます。また、開業に関する詳細な情報は地域によって異なる場合があるため、地域の法令や規制にも注意してください。開業を考える際には、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

2-3. クリニック開業資金の調達方法と注意点

開業医に求められるスキルとマインド
クリニックを開業する際には、ある程度の資金が必要となります。その資金を調達する方法としては、以下のようなものがあります。

1. 自己資金
自己資金で開業資金をまかなう方法です。貯蓄や個人の資産を活用して資金を調達します。自己資金を活用する場合、リスクが比較的低く、資金調達の際の手続きも簡単です。

2. 銀行融資
銀行などの金融機関から融資を受ける方法です。クリニック開業資金の一部や全額を借り入れることが可能ですが、返済がスムーズに行えるかどうかをよく考えて適切な融資条件を選択することが重要です。

3. 政府補助金・助成金
医療機関の開業に関連する助成金や補助金があります。これらの制度を利用することで、開業資金の一部を補填することができますので、積極的に情報収集を行いましょう。

開業時に活用できる補助金・助成金としては、例えば以下のようなものがあります。

・医療施設等施設設備費補助金
へき地医療の確保及び臨床研修医の研修環境の充実等を図ることを目的とした施設整備に対する補助金
出展:厚生労働省「医療施設等施設整備費補助金交付要綱」
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/hojogaiyo/dl/shisetsu_02.pdf

・IT導入補助金
小規模事業者等に対して自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもの
出展:IT導入補助金2024
https://it-shien.smrj.go.jp/

・感染拡大防止支援金
新型コロナ疑い患者さんとその他の患者さんが混在しない動線確保など院内での感染拡大を防ぐための取組を行う医療機関・薬局等について、感染拡大防止対策等に要する費用の補助を行う
出展:厚生労働省「「医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援」について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kansenkakudaiboushi_shien.html

・人材開発支援助成金
人材開発支援助成金は、事業主等が雇用する労働者に対して、職務に関連した専門的な知識及び技能を習得させるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合等に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度
出展:厚生労働省「人材開発支援助成金」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

また、クリニック開業資金を調達する際には、以下の点に注意することが重要です。

1. 開業予算を具体的に計画する
開業に必要な全ての費用を予算に盛り込み、明確な開業予算を立てることが重要です。適切な資金計画を行わないと、後々資金不足に陥ってしまう可能性があります。

2. 返済計画を考慮する
融資を受ける場合は、返済計画をしっかりと考慮しましょう。収支をしっかりと把握して、返済期日に間に合わないことがないように計画を立てることが重要です。

3. 法的なリスクや義務を理解する
クリニック開業には様々な法的なリスクや義務が伴います。開業に際しては、これらを遵守するための対策を十分に考え、適切な準備を行うことが不可欠です。

以上が、クリニック開業資金の調達方法と注意点についての詳細な説明となります。開業を成功させるためには、十分な準備と計画が欠かせませんので、しっかりとした計画を立てて取り組んでいきましょう。

2-4. 診療報酬と保険請求の仕組み

医療機関を運営する際には、診療報酬と保険請求の仕組みを理解しておくことが重要です。診療報酬は、医療サービスを提供した際に受け取る報酬のことです。この診療報酬は、患者さんや保険会社、国や地方自治体などから支払われることが一般的です。

保険請求の仕組みは、医療機関が提供した医療サービスに対して、保険会社に請求を行い、診療報酬を受け取るプロセスです。医療機関は、提供した医療サービスに対する適切な診療報酬を保険会社に請求することで、診療サービスの費用を回収することができます。

保険請求の際には、患者さんの保険情報や診療内容、診療報酬の請求額などを正確に記載することが重要です。誤った情報や不適切な請求は、保険会社からの支払いを遅延させたり、減額される可能性があります。また、法律や規制に違反するような請求行為は、罰則や訴訟の対象となることがあります。

医療機関がスムーズに運営されるためには、診療報酬と保険請求の仕組みを正しく理解し、適切に管理・実施することが不可欠です。診療報酬と保険請求に関する専門知識を持ったスタッフの配置や、システムの導入などを通じて、効率的な運営を目指すことが重要です。

▼令和6年度診療報酬改定の基本方針はこちら
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_36801.html

2-5. 診療報酬体系の見直しについて

診療報酬体系の見直しについて、開業医が意識すべきポイントです。具体的に意識すべきことは以下の通りです。

1. 現行の診療報酬体系の改定内容を把握する
診療報酬は定期的に見直しが行われるため、最新の改定内容を把握しておくことが重要です。特に診療科目や診療行為によって報酬が変わる場合は、しっかりと理解しておく必要があります。

2. 診療報酬の収支を見極める
クリニック開業にあたっては、診療報酬だけでなく経営面も考慮する必要があります。開業に必要な費用や将来的な収支を計算し、事業計画を立てることが重要です。

3. 適切な診療報酬を目指す
診療報酬は患者数や診療内容によって変動するため、適切な診療報酬を目指すことが大切です。適切なコーディングや請求作業を適正に行い、適切な報酬を受け取ることが必要です。

診療報酬体系の見直しはクリニックの経営に大きな影響を与えるため、開業にあたってはしっかりと把握しておくことが求められます。

3. 開業医に求められるスキルとマインド

3-1. リーダーシップとクリニックチームビルディングの重要性

クリニックを開業する際には、リーダーシップとクリニックチームビルディングが非常に重要です。

リーダーシップは、クリニック全体の方向性を示し、チームをまとめて目標を達成するための力となります。リーダーはスタッフや患者さんとのコミュニケーションを円滑にし、チームメンバーのモチベーションを高める役割も担います。また、リーダーシップはクリニックの組織全体のパフォーマンス向上につながります。

クリニックチームビルディングも同様に重要です。チームビルディングは、協力し合い、共に成長する意識を醸成することが目的です。チームメンバー同士の信頼関係を築き、コミュニケーションを円滑にすることで、チーム全体の効率とパフォーマンスを向上させることができます。チームビルディングはクリニックの成功に不可欠な要素であり、良好なチーム関係が患者満足度やスタッフのモチベーションにも影響を与えます。

したがって、クリニック開業者はリーダーシップスキルの向上とチームビルディングに注力する必要があります。リーダーシップの力を発揮し、チームメンバーとの信頼関係を築くことで、クリニックの成功に大きく貢献することができるでしょう。

3-2. 医療技術の向上と情報収集の方法

医療クリニックを開業する際には、最新の医療技術を習得し、患者さんに高品質な医療サービスを提供することが重要です。医療技術の向上と情報収集の方法としては、以下のポイントに注意することが役立ちます。

1. 専門書や学術誌の継続的な学習
医学の分野は常に進化しており、最新の研究や治療法が次々と提案されています。専門書や学術誌を積極的に読んで最新の知識を習得しましょう。

2. セミナーや研修会への参加
医療の分野では定期的にセミナーや研修会が開催されています。これらに参加することで、最新の技術や治療法について学ぶことができます。

3. 専門家や同僚との情報交換
医療の分野では情報共有が重要です。専門家や同僚と定期的に情報交換を行い、最新の知見や技術を共有し合いましょう。

4. 医療機器メーカーとの連携
医療機器メーカーとの連携を通じて、最新の医療機器や技術について情報を収集することができます。メーカーのセミナーやデモンストレーションに参加して、最新の機器を体験しましょう。

これらの方法を組み合わせて、常に最新の医療技術を身につける努力を怠らないことが、クリニック開業における成功の鍵となります。

3-3. クリニック開業のためのマーケティング戦略

クリニック開業のためのマーケティング戦略は慎重に計画される必要があります。以下に3つの戦略とその説明を詳しく説明します。

1. ターゲット市場の明確化

まず最初に、成功するためにはターゲット市場を明確に定義する必要があります。自らのクリニックが誰を対象にしているのか、そのニーズや要望は何かを明確に把握することが重要です。例えば、特定の地域に住む高齢者をターゲットにするか、あるいは子育て世代にフォーカスするかなど、具体的なターゲットを設定し、それに合ったサービスを提供することで競争力を高めることができます。

2. オンラインマーケティング戦略の構築

現代ではオンラインマーケティングが非常に重要となっています。ウェブサイトやソーシャルメディアを活用して、クリニックの情報を発信し、患者さんを引きつけるための戦略を立てることが不可欠です。例えば、クリニックのブログを定期的に更新して専門知識を提供したり、SNS広告を活用して特定のターゲット層に訴求するなど、効果的なオンラインマーケティング戦略を構築することが成功の鍵となります。

3. 口コミとリピーターの促進

クリニックの成功には口コミが大きく影響します。良い評判を広めるためには、患者満足度の向上に努めることが重要です。患者さんが満足すると、自然と口コミが広がり、新患を獲得することができます。また、リピーターを増やすためには、患者さんとの信頼関係を築き、定期的な健康チェックやフォローアップを行うなど、患者さんとの繋がりを大切にすることが重要です。

これらの戦略を適切に組み合わせることで、クリニックの成功につなげることができます。ただし、環境の変化や競合他社の動向を常に意識しながら、戦略を柔軟に調整することも重要です。

3-4. クリニック経営計画と収支予測の作成方法

クリニック経営計画と収支予測の作成方法について、医師が開業する際に重要なポイントについてご説明します。
まず、クリニック経営計画の作成は、将来の事業展開や目標を明確にするために重要です。
以下のステップで作成することが推奨されます。

1. ビジョンと目標の設定
クリニックを開業する理由や目標を明確にし、将来のビジョンを定めます。

2. ターゲット市場の分析
開業する地域の人口構成や競合他院の分析を行い、どのような患者層をターゲットにするかを明確にします。

3. サービス内容と価格設定
提供する診療科目やサービス内容、価格設定を決定し、競合との差別化を図ります。

4. マーケティング戦略
患者獲得のためのマーケティング戦略を立て、広告やPR活動を計画します。

5. 人材計画
必要なスタッフの人数や役割、採用計画なども考慮して、人材計画を立てます。

次に、収支予測の作成方法についてです。収支予測は、開業後の収益や支出を予測し、経営の安定性を確保するために重要です。

1. 収入の見込み
患者数や診療料、各種サービスの売上などを基に、1年間の収入を見込みます。

2. 支出の見込み
人件費、施設費、医療機器の購入やメンテナンス費用など、必要な支出を見積もります。

3. 利益予測
収入から支出を差し引いた残りが利益となります。利益を確保するための施策を考えます。

4. リスク管理
予期せぬ支出や収入の変動に備え、リスク管理策を立てます。

以上が、クリニック経営計画と収支予測の作成方法の基本的なポイントです。開業前にしっかりと計画を立て、経営の安定性を確保することが重要です。

4. クリニック開業時の機器選定

4-1. クリニックの方針に基づいた機器選定

クリニックの方針に基づいた機器選定は、クリニックの診療方針や専門性に合った機器を選ぶことが重要です。
まず、開業するクリニックの診療科や診療内容を明確にし、どのような検査や治療を提供するのかを考えます。
次に、その診療内容に必要な機器を選定する際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

1. 機器の性能
患者さんの診療に必要な機能や性能を満たしているかどうかを確認しましょう。機器の精度や安全性、使いやすさなどが重要です。

2. ブランドやメーカー
信頼性のある有名なメーカーから機器を選定すると、セキュリティやアフターサービスなどの面でも安心です。

3. 予算
クリニックの予算に合わせて機器を選定することも重要です。高価な機器であれば性能が良い場合もありますが、必要以上に高額なものを選ぶ必要はありません。

4. 機器のサポート体制
機器の導入後も万が一トラブルが発生した際に、メーカーや代理店が迅速に対応してくれるかどうかも重要です。

5. 将来性
将来的なクリニックの成長や診療内容の拡大を考えて、機器がその変化に対応できるかどうかも考慮しておきましょう。

以上のポイントを踏まえて、クリニック開業における機器選定は、クリニックの方針や将来の展望に合った適切な機器を選ぶことが重要です。診療内容や患者さんのニーズに応じて適切な機器を導入することで、クリニックの診療レベル向上や患者満足度の向上につながるでしょう。

4-2. 電子カルテの選び方

クリニック開業における電子カルテの選び方について、以下の3つのポイントをご紹介します。

1. 適切な機能とカスタマイズ性
電子カルテを選ぶ際には、自身のクリニックで必要とされる機能が十分に備わっているかどうかを確認することが重要です。診療記録の作成や管理機能はもちろんのこと、処方箋の作成やオーダリング、患者情報の管理など、日常業務を円滑に行うための機能が揃っているかを検討しましょう。また、カスタマイズ性も重要であり、クリニックの特性に合わせて柔軟にカスタマイズできるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

2. セキュリティとデータ保護
電子カルテには患者さんの機密情報が含まれるため、セキュリティ面やデータ保護の観点から適切な選択が求められます。適切なアクセス制御やデータの暗号化、定期的なバックアップなど、セキュリティ対策がしっかりしているかを確認しましょう。また、システム障害や災害時におけるデータ復旧の機能が備わっているかも重要なポイントです。

3. サポート体制とトレーニング
電子カルテの導入後も安心して運用を続けていくためには、提供元のサポート体制やトレーニング制度がしっかりしているかを確認することも大切です。問題が発生した際に迅速に対応してくれるか、疑問点やトラブルに適切に対応してくれるサポート体制が整っているかを確認し、スムーズな導入と運用のために提供されるトレーニングが充実しているかも確認しましょう。

これらのポイントを考慮しながら、自身のクリニックに最適な電子カルテを選ぶことで、効率的な医療業務の実現や患者情報の安全な管理を確保することができます。

4-3. 診療予約システムの選び方

クリニック開業における予約システムの選び方について、以下の3つのポイントをご紹介します。

1. 機能の適合性
クリニックの運営に必要な機能が含まれているかどうかを十分に検討しましょう。
例えば、予約管理、患者情報管理、支払い管理などが顧客ニーズに合致しているか確認しましょう。また、診療科目やスタッフの設定など、クリニック特有のニーズにも対応できるかどうかも重要です。
他には、クリニックの成長に合わせて柔軟に対応が可能かどうかも事前に確認しておくと良いでしょう。

2. カスタマーサポート
予約システムを導入する際に不明点やトラブルが発生した際、適切なサポートを受けられることが重要です。チャットサポート、電話サポートなど、自身のクリニックのスケジュールやニーズに合ったサポート体制が整っているかを確認しましょう。

3. セキュリティ対策
クリニックでは患者さんの個人情報や医療データが取り扱われるため、予約システムのセキュリティ対策は非常に重要です。データの暗号化やアクセス制限などのセキュリティ機能が十分に備わっているかどうかを確認し、患者情報の漏洩や不正アクセスなどのリスクを最小限に抑えるための対策がされているかを確認しましょう。

4-4. 診療予約システムでできること

1. 予約の効率化
予約システムは予約の受付や管理を効率的に行う必要があります。患者さんが簡単に予約を入れられるシステムであることが求められます。
最近はLINEを使って予約ができる予約システムが人気です。LINEは日本において9,500万人(2023年3月時点)が利用している生活インフラなので、多くの患者さんにとって予約しやすい媒体と言えます。

2. 予約の確認・リマインダー機能
患者さんに予約の確認やリマインダーを送る機能は、予約の確認漏れやキャンセルを減らし、無駄な時間を減らすのに役立ちます。

3. カレンダーとの連携
医師やスタッフのスケジュール管理を円滑に行うためには、予約システムがカレンダーと連携して、リアルタイムで予約の状況を把握できることが重要です。

4. 患者情報の管理とセキュリティ
患者さんの個人情報を適切に管理し、情報漏洩を防ぐセキュリティ対策が求められます。GDPR(General Data Protection Regulation)やPマークなどの規制に適合していることも重要です。

5. カスタマーサポート
予約システムにトラブルが発生した際や操作に困った際に、迅速に対応してくれるカスタマーサポートがあることも大切です。患者さんからの不満を最小限に抑えるためにも重要なポイントです。

5. 開業スケジュール

開業スケジュール

5-1. 開業12~18か月前

1. 営業計画の策定
クリニックの位置づけやターゲット層、サービス内容などを考え、営業計画を作成します。
2. 資金調達
開業に必要な費用を見積もり、必要な資金を調達します。
3. 不動産物件の選定
クリニックを開業する場所を決定し、物件を選定します。
4. 法的手続きの準備
法人設立や営業許可、保険加入などの法的手続きを進めます。
5. 人材採用の準備
スタッフの採用計画をたて、必要な人材を募集します。

5-2. 開業6~12か月前

1. 医療機器の選定
診療に必要な医療機器や家具などを選定・購入します。
2. システム構築
予約システムや医療記録システムなどの導入を検討し、準備を進めます。
3. マーケティング戦略の策定
広告宣伝の計画やSNS活用戦略などを立て、顧客獲得の準備をします。

5-3. 開業4~6か月前

1. スタッフの教育・研修
スタッフの研修計画をたて、必要なスキルや知識を身につけさせます。
2. 保険契約の準備
患者さんへの保険取り扱いの告知や契約を進めます。
3. クリニック内装の準備
内装のデザインや仕上げを決定し、工事を進めます。

5-4. 開業1~3か月前

1. システム・設備のテスト
医療機器やシステムの動作確認やトラブル対応の訓練を行います。
2. スタッフの配置・スケジュール調整
スタッフの配置や勤務スケジュールを決定し、調整を行います。

5-5. 開業1か月前

1. クリニックのオープニング準備
オープニングイベントの準備やプロモーション活動を行い、周辺住民にアピールします。
2. 予約受付開始
予約システムの稼働を開始し、患者さんの予約を受け付けます。
3. 最終確認
全ての準備が整っているか最終確認を行い、万全の状態で開業に備えます。

6. クリニック開業後に重要なこと

6-1. スタッフ採用とマネジメントのポイント

▼スタッフ採用のポイント

1. 適正なスキルや経験を持つ人材を採用する
クリニックで働くスタッフは患者さんとの接点が多いため、適切なスキルや経験を持つ人材を採用することが重要です。例えば、受付スタッフには顧客対応が得意な人や医療事務の知識がある人を採用すると、スムーズな診療が行えます。

2.チームワークを重視する
医療現場はチームでの連携が不可欠です。スタッフ同士が協力し合い、円滑な業務遂行ができるような環境を整えることが重要です。面接時などでチームワークを意識した質問をすると良いでしょう。

3. 教育・研修体制を整える
新人スタッフや育成中のスタッフに対して、適切な教育・研修を行うことが大切です。医療の知識や技術だけでなく、コミュニケーションスキルや患者対応のトレーニングも充実させることで、スタッフの能力向上につながります。

▼マネジメントのポイント

1. 明確な目標設定と指導・フィードバック
クリニックを運営する上で、明確な目標設定が重要です。スタッフに対しても目標を明確に伝え、達成度を定期的に確認しフィードバックを行うことで、業務の効率化やチームのモチベーション向上につながります。

2.適切なリーダーシップを発揮する
マネージャーや院長はリーダーシップを発揮し、スタッフをまとめる役割が求められます。適切なコミュニケーションや問題解決能力を持ち、チーム全体をリードすることが重要です。

3. 効果的な業務管理を行う
クリニックの業務は多岐にわたりますが、効果的な業務管理を行うことでスムーズな運営が可能となります。スケジュール管理や医療機器のメンテナンスなど、細かな部分にも注意を払いながら運営していくことが重要です。

最後に、スタッフの定期的な評価やフィードバックを行い、必要に応じて適切なフォローアップを行うことも重要です。スタッフの成長や働きやすさを常に意識し、クリニックの運営に必要な人材を育成していくことが成功につながるでしょう。

6-2. クリニックの確定申告と税金の手続き

クリニックの確定申告と税金の手続きは、開業医師にとって非常に重要なポイントです。
確定申告は毎年、所得税や消費税などの税金を申告する手続きであり、クリニック経営者としてはしっかりとルールを理解し、適切に申告する必要があります。

まず、クリニックの確定申告には所得税のほかに、法人税や消費税などが含まれることがあります。法人としてのクリニックの場合、法人税も申告する必要がありますので、それぞれの税金について詳細に把握しておくことが重要です。

クリニックの確定申告手続きは、原則として専門家である税理士に依頼することが推奨されます。税理士は税金に関する専門知識を持っており、クリニック経営者の代わりに確定申告を行ってくれます。税理士に依頼することで、適切な申告が行われ、税金の節約や納税期限の管理などもサポートしてもらえます。

また、確定申告以外にも、クリニック経営者は定期的に経理を行い、収支の管理や帳簿の作成をすることが求められます。正確な経理が行われることで、確定申告の際にもスムーズに手続きを進めることができます。

税金の手続きはクリニック経営の中でも非常に重要な部分です。しっかりとした知識を持ち、専門家に相談しながら適切に対応していくことが、クリニック経営の成功につながるポイントと言えるでしょう。

6-3. 患者対応やクレームへの対応策

患者対応やクレームへの適切な対応策は、クリニック運営において非常に重要です。
患者対応が良くなければ、患者満足度が低下し、クリニックの評判や信頼性にも影響を与えます。
以下に、患者対応やクレームへの対応策について詳しく説明します。

▼患者対応

1.スタッフ教育
スタッフには、患者さんへの丁寧な挨拶やコミュニケーションの重要性を教育する必要があります。患者さんが安心して治療を受けられる環境を提供することが大切です。
2. 時間配分
患者さんの待ち時間を最小限に抑えるよう努めることも重要です。予約の適切な管理や流れをスムーズにすることで、患者さんのストレスを軽減できます。
3. 傾聴力
患者さんの話をしっかりと聞き、理解することも大切です。患者さんの要望や症状に真摯に向き合う姿勢が患者満足度を高めます。

▼クレームへの対応

1. 素早い対応
患者さんからのクレームがあった場合は、迅速に対応することが重要です。患者さんの不満を放置せず、改善策を早急に提案することが信頼回復につながります。
2. 謝罪
クレームに対しては、まずは謝罪の意思を示し、患者さんに対して誠実に向き合うことが必要です。患者さんの立場に立って考え、誠心誠意の姿勢を示すことが大切です。
3. 再発防止策
クレームが発生した原因を徹底的に分析し、同様の問題が再発しないような改善策を講じることが重要です。患者さんへのサービス向上に向けた取り組みを継続的に行うことで、クリニックの信頼性を高めることができます。

以上のポイントをしっかりと押さえることで、患者対応やクレームへの適切な対応ができるようになります。医療機関として患者第一の考え方を貫き、患者さんとの信頼関係を築くことがクリニック運営の成功につながります。

7. まとめ

クリニック開業のメリットや気を付けること、求められるスキル、スケジュールについてなど幅広く知識を身につけられたのではないでしょうか。

最も重要なポイントは、「患者さんのニーズを正確に把握し、それに合ったサービスを提供すること」です。
患者さんの信頼を勝ち取るために、十分な調査・計画を進め、クリニック経営を成功させましょう。

メディカル革命 byGMO

関連記事

share
FaceBookでシェア X(Twitter)でシェア

目次

  1. 1. クリニックを開業するための基本のき
    1. 1-1. クリニック開業のメリットとデメリット
    2. 1-2. クリニック開業地選びのポイント 都心部と地方の違い
  2. 2. クリニック開業前に押さえておきたいポイント
    1. 2-1. クリニック開業時のリスクと対策
    2. 2-2. クリニック開業に必要な手続きと書類
    3. 2-3. クリニック開業資金の調達方法と注意点
    4. 2-4. 診療報酬と保険請求の仕組み
    5. 2-5. 診療報酬体系の見直しについて
  3. 3. 開業医に求められるスキルとマインド
    1. 3-1. リーダーシップとクリニックチームビルディングの重要性
    2. 3-2. 医療技術の向上と情報収集の方法
    3. 3-3. クリニック開業のためのマーケティング戦略
    4. 3-4. クリニック経営計画と収支予測の作成方法
  4. 4. クリニック開業時の機器選定
    1. 4-1. クリニックの方針に基づいた機器選定
    2. 4-2. 電子カルテの選び方
    3. 4-3. 診療予約システムの選び方
    4. 4-4. 診療予約システムでできること
  5. 5. 開業スケジュール
    1. 5-1. 開業12~18か月前
    2. 5-2. 開業6~12か月前
    3. 5-3. 開業4~6か月前
    4. 5-4. 開業1~3か月前
    5. 5-5. 開業1か月前
  6. 6. クリニック開業後に重要なこと
    1. 6-1. スタッフ採用とマネジメントのポイント
    2. 6-2. クリニックの確定申告と税金の手続き
    3. 6-3. 患者対応やクレームへの対応策
  7. 7. まとめ

おすすめ記事

クリニック開業のポイント

カテゴリーから探す

お役立ちコラムメディカル革命コラム予約白書

タグから探す

IVRLINE呼出しLINE連携機能QRコードチェックインUI/UXWEB問診キャッシュレス決済キャンセル対策キャンセル待ちコスト削減コンサルティングリソース管理リハビリ予約リライト診察券レシートプリンタ予約の平準化予約枠コントロール予防接種予約他社切替え内科内視鏡内科医療DX収益拡大受付業務呼出ディスプレイ多言語機能婦人科完全予約制移行小児科待ち時間削減待合室混雑解消患者満足度向上整形外科新規開業時間帯予約検査予約業務効率化病院皮膚科精神科経営管理統計機能美容皮膚科脳神経外科複数拠点経営複数診療科診察の事前準備連鎖予約間隔制御集患電子カルテ連携

キーワードから探す

お問い合わせはこちらから

03-6413-0612

電話受付時間 平日9:00-17:30
※オペレーターへ繋がります。
担当より折り返しさせていただきます。