診療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の診療予約管理の効率化、経営改善、集患を実現する医療特化型クラウド予約システムです。時間をデザインする力で診療も経営ももっと柔軟に。受付の業務軽減・効率化・省人化も可能。

コラム

最新のセミナーご案内、過去のアーカイブ配信、お役立ち情報満載のコラムをご案内します

【2024年最新版】クリニック集患マーケティングの5つのポイントと施策10選!

クリニック集患マーケティングの5つのポイント
お役立ちコラム
マーケティングGr satake

クリニックの集患マーケティングの5つのポイントと、具体的な施策をご紹介します。
開業予定や、開業して集患に悩む医師に向けて、集患を成功させるための情報です。効果的な集患方法を学び、クリニックの集患を向上させましょう。

1. クリニック集患とは?集患の重要性

1-1. クリニック集患とは?

クリニック集患とは、クリニックや医療機関が患者さんを集めるためのマーケティング活動のことです。
集患とは、新規患者を獲得したり、既存の患者さんを定期的に通院させることを指します。

1-2. クリニック集患の重要性

クリニック集患は、医療機関が持続可能な経営を行う上で非常に重要な要素となります。
患者さんを増やすことで、クリニックの収益向上や地域医療の発展に貢献することができます。
クリニック集患の成功には、適切なマーケティング戦略や患者さんのニーズを理解することが重要です。

2. クリニック集患マーケティングの5つのポイント

1. 診療科やターゲット患者を明確にする

クリニック集患にあたって、どの診療科を提供するかを明確に定めることで、集患の方向性が明確化されます。
特定の診療科に特化することで、その分野において強みを持つクリニックとして位置付けることができます。

また、ターゲット患者を明確にすることも重要です。
特定の年齢層や性別、地域、生活スタイルなどに焦点を当てて、ターゲット患者を定義することで、効果的なマーケティング戦略を展開することができます。
例えば、高齢者向けの健康診断プログラムを提供するなど、特定のターゲット患者にアピールする施策を展開することが可能です。

診療科やターゲット患者を明確にすることで、クリニックのブランディングや集患施策の効果的な展開が可能となります。
そのため、集患を成功させるためには、この点にしっかりと配慮することが不可欠です。

2. クリニック内の雰囲気や待ち時間の改善

クリニック集患にあたって、クリニック内の雰囲気や待ち時間の改善が重要です。具体的に改善ポイントを見ていきましょう。

▼ クリニック内の雰囲気改善

・待合室や診察室の清潔さを保つ。
・快適な待ち時間を提供するために、快適な椅子や雑誌の充実などを考える。
・スタッフの挨拶や接客の質を向上させ、患者さんが安心して滞在できる雰囲気を作る。

▼ 待ち時間の改善

・予約システムの導入やスムーズな診察の進行を考慮して、待ち時間を短縮する。
・待ち時間の長い患者さんには、待ち時間の見込みや近隣での過ごし方などを提案する。また、予約システムでの呼出し機能を活用するなど、外出しやすい仕組みを整える。
・待ち時間中に情報提供などを行うためのパンフレットや動画などの用意をする。

このような改善を進めることで、患者さんがクリニックに対してポジティブな印象を持ち、再診率や口コミ効果を高めることが期待できます。
クリニックの集患に向けて、内部の雰囲気や待ち時間を改善することは重要な取り組みとなります。

3. 地域住民とのコミュニケーションの場となる、地域密着型イベントの開催アイデア

地域密着型イベント
クリニック集患にあたって、地域住民とのコミュニケーションの場となる地域密着型イベントの開催は、集患を成功させるための重要な施策の一つです。地域の学校や施設と連携して企画をするのも良いでしょう。

1. 健康フェア

地域住民向けに無料で健康診断や健康相談を行うフェアを開催します。医師や看護師が参加し、住民と直接コミュニケーションを取りながら健康に関する情報を提供します。

2. ワークショップ

地域住民を対象にしたワークショップを開催します。健康促進のための情報提供を通じて、地域住民との交流を図ります。
例えば、ストレス管理や栄養指導など、特定のテーマに焦点を当てることで関心のある地域住民が集まります。

3. 検診キャンペーン

例えば、特定日に婦人科検診を無料や割引価格で受けられるキャンペーンを開催するなど、健康意識が高い地域住民にアピールし、クリニックの設備やサービスを体験してもらいます。

4. サークルイベント

例えば、地域のスポーツチームとの協力や連携を通じて、スポーツイベントを開催するなど、特定の属性の人たちが集い交流を深める場を提供します。医師や看護師が参加し、専門的な情報提供や相談も行います。

4. 効果的な広告やクリニック宣伝手法を考える

クリニック集患において、効果的な広告やクリニック宣伝手法を考えることは非常に重要です。これは、競争が激しい医療業界において、他のクリニックとの差別化や知名度向上、患者さんの信頼獲得に直結するからです。

効果的な広告や宣伝手法を考える際には、まずクリニックの特徴や強みをしっかりと把握し、それを伝えるための戦略を練ることが重要です。
例えば、自社クリニックが専門的な治療を提供している場合は、その専門性を強調した広告を展開することが効果的です。

デジタルマーケティングの活用も重要です。ウェブサイトやSNSを使った広告展開や、患者さんの声を積極的に取り入れたクリニックの評判管理などが効果的な手法と言えます。患者さんがインターネットで情報を収集する傾向が強まっている現代においては、オンラインでの存在感も重要な要素となります。

3. クリニック集患のマーケティング施策10選

クリニック集患のための、具体的なマーケティング施策をいくつかご紹介します。
実施した施策の効果を定量的に評価し、それに基づいて戦略を調整していくことが成功につながるポイントです。
クリニックの集患を成功させるためには、マーケティング戦略を継続的に見直し、改善していくことも重要です。 

▼ オンライン(デジタル)マーケティングの施策とポイント

現代の患者さんはインターネットを活用して情報収集を行い、医療機関の選択をすることが多くなっています。そのため、オンライン広告を活用することで、患者さんへの情報発信や集患効果の向上が期待できます。

1. 検索エンジン広告(SEM)

Google広告やYahoo!プロモーション広告などの検索エンジン広告を活用することで、検索結果の上位に表示されることができます。
クリニックのターゲットとする患者層を明確にし、その属性や行動特性に合わせて広告のターゲティングを行うことが重要です。ターゲットに合った広告を提示することで反応率を向上させることができます。
クリック率やコンバージョン率などの指標を確認し、広告の効果が最大化するように最適化を行いましょう。

2. ディスプレイ広告

ニュースサイトやブログなどに設置されるバナー広告や動画広告などが該当します。クリニックの特長や設備、スタッフの紹介などを効果的に伝えることで、患者さんの興味を引きつけることができます。
患者さんが興味を持ちやすい情報や写真、動画を組み合わせることで、広告の効果を高めることができます。
また、ターゲットとなる患者さんを細かく設定することが重要です。性別、年齢、居住地域などのデモグラフィック情報や、興味関心、検索履歴などの行動情報を活用して、効果的なターゲット設定を行いましょう。

3. SNS(ソーシャルメディア)広告

Facebook広告、Instagram広告、X(旧Twitter)、LINEなどのソーシャルメディア広告を活用することで、ターゲットとなる患者さんにリーチすることが可能です。特に、SNSを積極的に利用する若年層へのアプローチに効果が期待できます。

4. 動画広告

動画広告は、YouTubeや他の動画プラットフォームで配信される広告形式です。魅力的な動画コンテンツを通じてクリニックの特徴やサービスを伝えることができ、患者さんの興味を引きつけて集患につなげることができます。

5. 口コミ対策

Googleビジネスプロフィールなど、定期的にオンラインの口コミやSNSをチェックし、患者さんからのレビューを確認して適切に対応することが重要です。患者さんからの負の口コミには真摯に向き合い、誠実な対応を心掛けましょう。
丁寧なカウンセリングや適切な治療計画、快適な待ち時間など、患者さんが満足する環境を整えることが口コミ対策の基本となります。
また、患者さんの声を反映させた改善策を実施することで、患者さんの信頼を獲得できます。

6. ポータルサイト

ポータルサイトは多くの患者さんが医療情報を検索し、医療機関を探すために利用しているため、集患の手段となります。

ポータルサイトでは、クリニックの情報を正確かつ魅力的に掲載することがポイントです。まずは、クリニックの基本情報(所在地、診療科目、診療時間など)を詳細に記載し、患者さんが必要な情報をすぐに見つけられるようにしましょう。

さらに、ポータルサイトのレビューや口コミ機能を活用して、患者さんがクリニックに対する評価や感想を共有できるようにすると、信頼性が高まります。患者同士のコミュニケーションを促進し、新規患者がクリニックを選択する際の参考になります。

▼ オフラインマーケティングの施策とポイント

クリニックのターゲットとなる患者層の中には、オンライン活動があまり得意でない方や、地域に根ざしたリーチが必要な方も多くいます。
また、地域密着型のクリニックの場合、地域住民に直接アピールすることで信頼感や親近感を醸成することができます。
デジタル施策と組み合わせつつ、地域や患者さんに直接訴求することで効果的な集患が可能となります。

1. 看板・外壁広告

看板や外壁広告などの、身近な場所での露出は、通りがかりの人がクリニックの存在を認識しやすくすることで、集患につながる可能性が高まります。看板は外部から目に入る第一印象を左右するため、クリニックのロゴや専門性を示す写真、わかりやすいキャッチコピーを使用することがポイントです。
また、看板の場所や大きさも重要であり、交通量の多い場所やクリニックの近くに設置することで効果的な集患が見込めます。

2. チラシ・ポスター

チラシやポスターは身近な場所に掲示されるため、地域住民にアプローチする手段として有効です。クリニックの特徴やサービス、キャンペーン情報を分かりやすく表現し、読み手の関心を引きつけるデザインやコピーを使うことが重要です。また、チラシやポスターを定期的に入れ替えることで、新鮮さを保ち効果的な広告となります。

3. 新聞・雑誌

新聞や雑誌に広告を掲載することで、広範囲な読者にアプローチすることが可能です。
特に地域の地方紙や地域情報誌に掲載することで、地元の住民にクリニックの存在を知らせることができます。
適切なキャッチコピーや目を引くデザインを使い、読者の興味を引くよう工夫することが大切です。

4. 地域のイベントやコミュニティ活動への参加や支援

地域のイベントやコミュニティ活動に積極的に参加することで、クリニックの知名度向上や地域の信頼を築くことができます。
イベントへのブース出展やスポンサーシップ、無料健康相談の実施など、地域住民とのコミュニケーションを大切にする施策が効果的です。
地域に根ざした活動を通じて、クリニックの信頼性や親近感をアピールすることが重要となります。

4. クリニック集患の注意点

過度な広告やキャンペーンの禁止事項

クリニック集患において、過度な広告やキャンペーンは行わないよう注意する必要があります。過度な広告やキャンペーンは患者さんに対して不信感を抱かせる可能性があり、医療機関として信頼性を損なうことにつながります。

▼ 避けるべき広告やキャンペーンについて

1. 虚偽の情報や誇大な表現を用いた広告
2. 安全性や効果を保証すると宣伝する広告
3. 割引や特典を過剰に宣伝するキャンペーン
4. 医療行為に関する情報を適切に伝えない広告

クリニックは患者さんの健康に関わる重要な施設であり、広告やキャンペーンを通じて正確で客観的な情報を提供することが求められます。
「医療広告ガイドライン」(※下記URL参照)は、厚生労働省が定める医療機関が広告や宣伝を行う際の基準を示した指針です。このガイドラインには、過度な広告やキャンペーンが禁止されています。
具体的には、以下のような内容です。

1. 過剰な自己宣伝や誇大広告の禁止

医療機関は、自身の施設や医療サービスを過度に宣伝することや、実際の効果を誇大に表現する広告を行ってはなりません。

2. 診療内容や治療効果の虚偽表示の禁止

医療機関は、診療内容や治療効果を虚偽表示することが禁止されています。事実に基づいた客観的な情報提供が求められます。

3. 健康被害を導く可能性がある広告の禁止

健康被害を導く可能性がある医療行為や製品を宣伝する広告は禁止されています。患者さんの安全を最優先とする姿勢が求められます。

4. 適切な情報提供の義務

医療広告は、患者さんが正確な情報を得られるよう配慮する必要があります。誤解を招くような表現や情報の提供は避けるように定められています。
※医療広告ガイドライン
 出典:厚生労働省「医療法における病院等の広告規制について」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/index.html

スタッフの教育と患者さんとの信頼関係を失わないためのマナー

クリニックの集患対策において、スタッフの教育は非常に重要です。また、患者さんとの信頼関係構築のためのマナーについても記述します。

▼スタッフの教育について

1. スタッフには患者さんへの丁寧な接客マナーを徹底して教育します。笑顔で挨拶し、患者さんが安心して受診できる環境を提供します。

2. スタッフは専門知識の研鑽を怠らず、常に患者さんに最適なサービスやアドバイスを提供できるように努めます。

3. スタッフ同士のコミュニケーションを密にし、チームワークを高めることで患者さんへのサービス品質を向上させます。

▼患者さんとの信頼関係維持のためのマナーについて

1. 患者さんに対しては常に誠実で親身な態度を心がけます。患者さんの話をよく聞き、理解し、適切な対応をすることが信頼関係の構築につながります。

2. 患者さんのプライバシーを尊重し、個人情報の保護に十分配慮します。また、待ち時間の短縮や予約システムの導入など、患者さんの利便性を考慮したサービスを提供します。

3. 患者さんからのフィードバックを真摯に受け止め、改善点を把握し対策を講じることで、患者さんとの信頼関係を確固たるものとします。

以上のポイントを踏まえて、クリニックのスタッフは患者さんとの信頼関係を損なわず、良好な受診体験を提供することが集患対策の重要な要素となります。

5. 集患に向けたクリニック内部の取り組み

スタッフのモチベーション向上策

クリニック内部でスタッフのモチベーションを向上させるためには、以下のような取り組みが有効です。

1. コミュニケーション強化

スタッフ同士や医師とのコミュニケーションを円滑にすることで、仕事のやりやすさや協力関係が築かれます。定期的なミーティングやフィードバックの機会を設けることが重要です。

2. 教育・研修の機会提供

スタッフがスキルアップや成長を実感できるように、定期的な教育や研修の機会を提供しましょう。新しい知識や技術を学ぶことで、モチベーションが向上します。

3. 働きやすい環境整備

スタッフの労働環境を整えることも重要です。快適な職場環境や福利厚生の充実、労働時間の配慮など、スタッフが働きやすい環境を整えることでモチベーションがアップします。

4. 院内イベントや交流会の開催

スタッフ同士の親睦を深めるために、院内イベントや交流会を定期的に開催しましょう。楽しい雰囲気の中でコミュニケーションを図ることで、チームの結束が強まります。

5. 成果を認める制度の導入

スタッフが努力や成果を認められることは、モチベーション向上につながります。目標達成ごとに報奨金や賞与などの制度を導入することで、スタッフのやる気を引き出すことができます。

これらの取り組みを組み合わせて、スタッフのモチベーションを向上させることが重要です。クリニック内部の雰囲気を良くし、スタッフが働きやすい環境を整えることで、集患対策がより効果的に実施できるでしょう。

診療ブランドの構築

クリニックの集患対策の中で、クリニック内部の取り組みとして重要な一つが、「診療ブランドの構築」です。診療ブランドとは、クリニックが提供する医療サービスや価値観、特徴などが患者さんに認識され、信頼されるブランドイメージのことを指します。

診療ブランドを構築するためには、まずはクリニックの理念や特徴を明確にし、それをブランディング戦略に反映させる必要があります。クリニックの強みや特色をしっかりと押し出し、他のクリニックとの差別化を図ることが重要です。例えば、専門性や医師の経験、設備の充実などを強調することで、患者さんの信頼を得ることができます。

また、院内環境や接遇などのサービス面にも配慮し、患者満足度を向上させることで、口コミやリピーターを増やすことができます。クリニックが提供するサービス全体が診療ブランドの一環となるため、患者とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことが大切です。

予約・受付・診察のプロセス改善による患者満足度向上

患者満足度向上
クリニックの予約・受付・診察のプロセス、オペレーション改善を行うことで患者満足度が向上します。

予約システムの導入

WEB予約システムを導入することで、患者さんは自分の都合に合わせて簡単に予約ができます。これにより、待ち時間の短縮や受付の業務効率化が可能となります。
また、予約確認メールやリマインダーを送ることで、患者さんの予約率が上がり、キャンセル対策になります。

受付スタッフの教育

受付スタッフには、丁寧な対応とコミュニケーション能力が求められます。研修やトレーニングを通じて、質の高い接客を提供するように心がけましょう。
患者さんが待っている間にも適切な情報提供やフォローアップを行うことで、患者さんの不安や疑問を解消し、満足度を向上させることができます。

診察スタイルの改善

医師や看護師とのコミュニケーションを重視し、患者さんが安心して話せる環境を作ることが大切です。
診察中に患者さんの意見や希望に耳を傾け、共感する姿勢を示すことで、患者さんの信頼を獲得し、満足度を高めることができます。

これらの取り組みを行うことで、患者さんの待ち時間や不安感を軽減し、より円滑で質の高い医療サービスを提供することができます。患者さんの満足度を向上させることで、再診率の増加や口コミによる集患効果も期待できるため、積極的に取り組んでいきましょう。

患者フォローアップの重要性と方法

患者フォローアップを行うことで、患者さんとの信頼関係を構築し、リピーターを増やすだけでなく、口コミや評判を広めることができます。以下に、患者フォローアップの重要性と方法について詳しく説明します。

▼ 患者フォローアップの方法

1. 電話やメールによるフォローアップ

診療後、患者さんに電話やメールでフォローアップを行うことで、症状の経過や処方薬の使用状況を確認し、不明点や悩みを解決するサポートを提供します。

2. 定期的な健康チェックの提案

患者さんに定期的な健康チェックやフォローアップ検査の重要性を説明し、積極的に受診するように促します。定期健診や検査を通して、患者さんの健康管理を支援します。

3. SNSやメッセージアプリを活用した情報提供

クリニックのSNSやメッセージアプリを活用して、健康情報や予防情報を定期的に発信し、患者さんとのコミュニケーションを図ります。患者さんがクリニックを訪れるきっかけ作りにつながります。

患者フォローアップは、単なる患者対応ではなく、患者さんとの長期的な関係構築につながる重要な取り組みです。クリニックの集患対策において、患者フォローアップを積極的に行い、患者さんとの信頼関係を築いていくことが成功のカギとなります。

6. 予約システムでできる集患とは

1. 予約システムでクリニックの空き時間を可視化するとともに、予約状況の分析で最適なクリニック運営をする

予約システムを活用することで、クリニックの空き時間を一目で把握できるため、効率的な予定調整が可能となります。また、予約状況の分析を行うことで、繁忙時や閑散時を正確に把握し、効果的な労力配分や設備の最適化が行えます。これにより、クリニックの運営効率が向上し、集患に寄与します。

2. 患者さんはインターネットでクリニックを探すため、WEB予約ができるクリニックが選ばれる

患者さんがクリニックを探す際、WEBで簡単に予約ができるクリニックは選択肢に上がりやすくなります。予約システムを導入することで、患者さんはいつでも自分の予定に合わせて予約を入れることができるため、クリニック選びの敷居が下がり、集患に繋がる可能性が高まります。

3. 患者情報を管理、活用して患者さんへの情報発信を行い、リピーターを増やす

予約システムで患者情報を管理することで、患者さんへの情報発信が可能となります。
例えば、定期検診のリマインダーや最新の健康情報などを送ることで、患者さんとのコミュニケーションを強化し、リピーターの増加につながります。
患者さんは信頼できる情報を得られるクリニックを選ぶ傾向がありますので、情報発信は集患に有効です。

4. 予約のリマインドにより、患者さんの再診率をあげる

患者さんに対して予約のリマインドを行うことで、再診率を向上させることができます。忙しい現代社会において、予定を忘れることは少なくありません。リマインダーを通じて患者さんに予約を思い出させることで、再診率が向上し、クリニックへの定期的な来院を促すことができます。

5. 予約システムでの患者アンケートでサービス改善し、良い口コミを増やす

予約システムのアンケート機能を活用して患者さんの声を収集し、サービスや施設の改善点を把握することが重要です。患者満足度を向上させることで、口コミや評判が広がり、信頼度が高まります。良い口コミは新規患者の獲得につながるため、患者満足度向上は集患に非常に効果的です。

7. まとめ

クリニックの集患に成功するためのポイントや具体的な施策は、いかがだったでしょうか。
クリニックの集患に取り組むために、効率的に情報収集をしてクリニックの発展に繋げていきましょう。

メディカル革命 byGMO

関連記事

share
FaceBookでシェア X(Twitter)でシェア

目次

  1. 1. クリニック集患とは?集患の重要性
    1. 1-1. クリニック集患とは?
    2. 1-2. クリニック集患の重要性
  2. 2. クリニック集患マーケティングの5つのポイント
    1. 1. 診療科やターゲット患者を明確にする
    2. 2. クリニック内の雰囲気や待ち時間の改善
      1. ▼ クリニック内の雰囲気改善
      2. ▼ 待ち時間の改善
    3. 3. 地域住民とのコミュニケーションの場となる、地域密着型イベントの開催アイデア
      1. 1. 健康フェア
      2. 2. ワークショップ
      3. 3. 検診キャンペーン
      4. 4. サークルイベント
    4. 4. 効果的な広告やクリニック宣伝手法を考える
  3. 3. クリニック集患のマーケティング施策10選
    1. ▼ オンライン(デジタル)マーケティングの施策とポイント
      1. 1. 検索エンジン広告(SEM)
      2. 2. ディスプレイ広告
      3. 3. SNS(ソーシャルメディア)広告
      4. 4. 動画広告
      5. 5. 口コミ対策
      6. 6. ポータルサイト
    2. ▼ オフラインマーケティングの施策とポイント
      1. 1. 看板・外壁広告
      2. 2. チラシ・ポスター
      3. 3. 新聞・雑誌
      4. 4. 地域のイベントやコミュニティ活動への参加や支援
  4. 4. クリニック集患の注意点
    1. 過度な広告やキャンペーンの禁止事項
    2. ▼ 避けるべき広告やキャンペーンについて
      1. 1. 過剰な自己宣伝や誇大広告の禁止
      2. 2. 診療内容や治療効果の虚偽表示の禁止
      3. 3. 健康被害を導く可能性がある広告の禁止
      4. 4. 適切な情報提供の義務
    3. スタッフの教育と患者さんとの信頼関係を失わないためのマナー
      1. ▼スタッフの教育について
      2. ▼患者さんとの信頼関係維持のためのマナーについて
  5. 5. 集患に向けたクリニック内部の取り組み
    1. スタッフのモチベーション向上策
      1. 1. コミュニケーション強化
      2. 2. 教育・研修の機会提供
      3. 3. 働きやすい環境整備
      4. 4. 院内イベントや交流会の開催
      5. 5. 成果を認める制度の導入
    2. 診療ブランドの構築
    3. 予約・受付・診察のプロセス改善による患者満足度向上
      1. 予約システムの導入
      2. 受付スタッフの教育
      3. 診察スタイルの改善
    4. 患者フォローアップの重要性と方法
    5. ▼ 患者フォローアップの方法
      1. 1. 電話やメールによるフォローアップ
      2. 2. 定期的な健康チェックの提案
      3. 3. SNSやメッセージアプリを活用した情報提供
  6. 6. 予約システムでできる集患とは
    1. 1. 予約システムでクリニックの空き時間を可視化するとともに、予約状況の分析で最適なクリニック運営をする
    2. 2. 患者さんはインターネットでクリニックを探すため、WEB予約ができるクリニックが選ばれる
    3. 3. 患者情報を管理、活用して患者さんへの情報発信を行い、リピーターを増やす
    4. 4. 予約のリマインドにより、患者さんの再診率をあげる
    5. 5. 予約システムでの患者アンケートでサービス改善し、良い口コミを増やす
  7. 7. まとめ

おすすめ記事

クリニック開業のポイント

カテゴリーから探す

お役立ちコラムメディカル革命コラム予約白書

タグから探す

IVRLINE呼出しLINE連携機能QRコードチェックインUI/UXWEB問診キャッシュレス決済キャンセル対策キャンセル待ちコスト削減コンサルティングリソース管理リハビリ予約リライト診察券レシートプリンタ予約の平準化予約枠コントロール予防接種予約他社切替え内科内視鏡内科医療DX収益拡大受付業務呼出ディスプレイ多言語機能婦人科完全予約制移行小児科待ち時間削減待合室混雑解消患者満足度向上整形外科新規開業時間帯予約検査予約業務効率化病院皮膚科精神科経営管理統計機能美容皮膚科脳神経外科複数拠点経営複数診療科診察の事前準備連鎖予約間隔制御集患電子カルテ連携

キーワードから探す

お問い合わせはこちらから

03-6413-0612

電話受付時間 平日9:00-17:30
※オペレーターへ繋がります。
担当より折り返しさせていただきます。