診療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の診療予約管理の効率化、経営改善、集患を実現する医療特化型クラウド予約システムです。時間をデザインする力で診療も経営ももっと柔軟に。受付の業務軽減・効率化・省人化も可能。

コラム

最新のセミナーご案内、過去のアーカイブ配信、お役立ち情報満載のコラムをご案内します

クリニック予約の一歩進んだ無断キャンセル対策
まずはキャンセル率とその傾向を把握しましょう

キャンセル対策
メディカル革命コラム
Yuko Inoue

こんにちは。GMO医療予約技術研究所です。

メディカル革命の導入を決めていただいたあるお客様から、

 

「無断キャンセルが多いので、対策をしたい。無断キャンセルを繰り返す患者さんからは予約をできないようにする方法はないですか?」

 

というご質問をいただいたので、反対に質問させていただいたことがあります。無断キャンセル対策

 

「今現在、患者さんのキャンセル率はどれぐらいでしょうか?」

 

全体的に多いのか、個別にキャンセルが多い患者さんがいるのかでは対策方法が異なるからです。

すると、そのお客様からは

 

「分かりません。以前のシステムではキャンセル率が出せなかったので。」

 

というお答えが返ってきました。

 

このお客様だけでなく、無断キャンセルにお困りのお客様からのご相談は非常に多いです。キャンセルはクリニックの経営に与えるインパクトが大きいため、予約システムにも上でご相談いただいたような「機能」をお求めになるのも当然です。

 

一方で、メディカル革命を導入したお客様のキャンセル率が18%台から3.5%にまで下がったという実績があり、「メディカル革命を入れるとキャンセル率が下がる」という評判も広がっているようです。

 

「キャンセル率が下がる」というのは間違いではないですが、正確には、

 

メディカル革命を入れるとキャンセル率が可視化されるため、問題点を洗い出して対策をすることが可能になる。結果、キャンセル率を下げることができる。

 

ということだと思います。

 

ですので、弊社ではお客様にはキャンセル対策の前にまずはキャンセル率を把握してほしいことをお伝えしています。

メディカル革命では、日々の予約管理を適切に行うだけで当日のドタキャンの履歴をデータとして蓄積し、クリニック全体の毎月のキャンセル率やキャンセル傾向(時間帯、曜日、年齢別)を統計で出すことができますので、これにより、前月に比べてキャンセルが多かった要因を考えたり、キャンセル率を何%以下に収めるのがよいのかなど目標と対策を立てることをご提案しています。

キャンセルが多い患者さんが一目で分かるように予約カレンダー上に表示することもできますので、キャンセルが多い患者さんについては個別の要因(単純な忘れなのか、連絡をするのが苦手なのか、信頼関係ができているのかなど)を理解して声かけをするなど、ちょっとした工夫をすることでキャンセル率を下げることができますよ。
ぜひ、メディカル革命を一歩進んだキャンセル対策にお役立てください!

なお、メディカル革命を利用したキャンセル対策をさらに詳しく知りたい方は、こちら↓の記事もおすすめです。

医技研ブログ記事より
患者さんにもクリニック・病院にも待望の機能「キャンセル待ち」機能とは?

ネット予約でクリニックの「無断キャンセルが増える」は本当?

関連記事

share
FaceBookでシェア X(Twitter)でシェア

目次

おすすめ記事

クリニック開業のポイント

カテゴリーから探す

お役立ちコラムメディカル革命コラム予約白書

タグから探す

IVRLINE呼出しLINE連携機能QRコードチェックインUI/UXWEB問診キャッシュレス決済キャンセル対策キャンセル待ちコスト削減コンサルティングリソース管理リハビリ予約リライト診察券レシートプリンタ予約の平準化予約枠コントロール予防接種予約他社切替え内科内視鏡内科医療DX収益拡大受付業務呼出ディスプレイ多言語機能婦人科完全予約制移行小児科待ち時間削減待合室混雑解消患者満足度向上整形外科新規開業時間帯予約検査予約業務効率化病院皮膚科精神科経営管理統計機能美容皮膚科脳神経外科複数拠点経営複数診療科診察の事前準備連鎖予約間隔制御集患電子カルテ連携

キーワードから探す

お問い合わせはこちらから

03-6413-0612

電話受付時間 平日9:00-17:30
※オペレーターへ繋がります。
担当より折り返しさせていただきます。