医療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の予約管理の効率化、経営改善、集患を実現するクラウド型の予約システムです。受付の業務軽減・効率化・省人化を実現します。受付・精算業務は再来受付機の設置や、オンライン決済機能を活用することで60%以上削減が可能です。

導入事例

美容皮膚科

美容皮膚科の予約を100%システム化
ー美容業界の常識にとらわれない先進的な予約管理の事例をご紹介ー

この予約システムの可能性に気づいてほしい 予約受付業務は100%予約システムが担っています

RENATUS CLINIC様は2019年4月に東京・田町に開院された医療脱毛専門クリニックです。確かな技術による信頼できる施術を受けられることから全国から患者様が訪れています。

すべての患者様に喜んでもらえるよう医療の質に徹底してこだわり続ける副田先生にメディカル革命 byGMO(以下メディカル革命)についてお伺いしました。

自由度がここまで高い予約システムはなかなかありません。
自分の要望に近いものが作れることを重視しました

——予約管理カレンダー、見事にびっしり予約で埋まっていますね。キャンセル待ちをしている方も多くいらっしゃるとのことで、本当に人気のクリニックですね。どのような宣伝をされているのですか?

ありがとうございます。クリニック運営が順調であることはうれしいです。
宣伝の方法ですが、基本的には患者さんの口コミで広がっていると思います。若い世代の患者さんが多いので、SNSでの発信に力を入れたりもしています。

——以前は別の予約システムを使われていたそうですが、メディカル革命をお選びいただいた際に最も重視した点は何でしょうか?

一番は自由度が高いことです。

思い通りにメニューを組み立てることができ、それに対して細かい所要時間を設定できることや、患者さんが適切なメニューを選択できるよう予約サイトで誘導しやすいことなど、あらゆる角度で他の予約システムと比較検討してみても、自由度がここまで高い予約システムはなかなかないんですよね。

縛りが少なく、自分がこうやりたいと思うようなものに近いものができるのが良いです。

また、管理画面の見やすさも重視しました。私以外のスタッフも使うので、みんなが使いやすいものをと思って選びました。

——先生ご自身がメディカル革命を実際に利用してみていかがでしたでしょうか?また、ふだんどのように活用されていますか?

予約管理カレンダーは大分見やすいですね。
僕が仕事で別の場所にいるときは、予約状況を見ながらスタッフに指示を出したりもしています。

利用しているうちに改善点が出てくるんですけど、サポートしてもらえるのですごく助かっています。

予約に関する電話対応はしていません。キャンセル待ち受付も含め、ほぼ100%予約システムが予約受付業務を担っています

——予約管理カレンダー上のほとんどの予約はWEBやLINEからと分かるアイコンがついているようですが、統計では98%以上が患者さん自身で予約をとられています。通常ですと患者さんがお帰りになるときに受付で次回の予約をお取りする流れがあるのですが、RENATUS CLINICでは敢えてそれをしていないのでしょうか?

はい、予約はすべて患者さんご自身におとりいただいています。

過去には受付で予約をおとりしていましたが、日付を勘違いされていたとか、当日のキャンセルに何かしらの理由をつけてこられる方もいて、トラブルになることもしばしばありました。

予約に関しては患者さん本人におまかせすることで、そのようなトラブルが少なくなっています。

——受付の方が電話応対をしないということですか?

いいえ、電話応対はしていますよ。施術の内容の問い合わせなどに丁寧に対応させていただいてます。

予約の電話応対はしないということです。つまり、ほぼ100%予約システムが予約受付業務を担っているということなんです。

——QRコードでの自動チェックイン(来院受付)もご利用いただいています。美容皮膚科でのご利用はあまり例がないのですが…。

みなさんスマホの画面を出してピっとやって下さっていますよ。
20代から30代の若い患者さんが多いのと、コロナ対策ということもあり、最初からそういうもの(非接触での自動受付)と思って受け入れられています。

——キャンセル待ちができることについて、患者様からの評価はいかがでしょうか?

「キャンセル待ちもできるんだ」と思ってもらえるところが良いですね。
予約が埋まっているところが「」で表示されていて「予約できない」という印象を持たれてしまうのと「キャンセル待ちできますよ」というメールアイコンで表示されているのとでは、まったく印象が違いますので。

「キャンセルが出たという通知を受けたので予約しました」という方もいらっしゃいますので、うまくいっていると思いますし、患者さんの方でキャンセル待ちの登録をし、キャンセルが出た場合に自動で登録している方にお知らせがいくので管理面でも助かっています。想定以上にプラスの効果があると思っています。

——アンケート機能と自動集計機能もお使いいただいています。
どのような利用をされているのでしょうか?

施術を受けられた患者さんに個別にLINEやメールでアンケート回答を依頼しています(予約システムから定型文のテンプレートを選択して送信することができます)。

そしていただいた回答はクリニックが提供するサービス自体の質の向上と人事評価につなげています。

人事評価を行うときにこのアンケートの集計が手作業ですと手間がかかってしまいます。
自動集計できれば人事スタッフのコストも下げることができます。

よって、予約システムと連動してこれを実施できることには意味があるんです。

予約システムの選択に迷った場合は、このメディカル革命の可能性に気づいてもらえれば、コストパフォーマンスはむしろ非常に良いです

——メディカル革命のおすすめな点はどのようなところでしょうか?

先ほどメディカル革命は「自由度が高い」と言いましたが、言い換えると、この予約システムで実現できることの可能性を考える楽しさがある、と思っています。

予約システムをどれにすれば良いか分からない、コストがかかる、という理由で迷っている場合は、このメディカル革命の可能性に気づいてもらえれば、コストパフォーマンスはむしろ非常に良いと思います。スタッフの予約管理にかけてきた労力が不要になるわけですから。

美容皮膚科以外にもおすすめできますね。

——先生がお仕事をしていて幸せを感じるときというのは?

自分の考えたことがうまくいったとき、自分の思考が現実化したときがうれしいですね。

施術に関して例を挙げると、「ヒアルロン酸」という施術は芸術的な作品を作るような一面があるんです。うまく絵を描けた、みたいな。

そしてそれが患者さんの悩みを解決することに繋がりますので、さらにうれしいですね。

美容皮膚科分野で確実に効果があるものを実践していき、多くの人に貢献できたらと思っています

——クリニックの今後の展望についてお聞かせ下さい。

美容皮膚科というのは医療の中でも独特な診療科目です。

僕はその中でも確実に効果があるもの、エビデンスがあるようなことをやっていきたいと思っています。

そのために現在、あることに取り組んでいます。脱毛という分野ではかなり革命的なことです。これを通して、この分野に一石を投じたいなと思っています。そして、クリニックを訪れる方にも還元できることを願っていますし、世界中の脱毛でお悩みを抱える人に貢献できたらと思っています。

今後も常にクリエイティブに新しいことに挑戦していきたいですね。

 

「予約の受付は100%予約システムで」という先生のお考えは弊社スタッフ一同にもなかなかの衝撃でした。予約受付業務の未来はそのようになっていくことを見据えて、すでに実践されている先生に私たちも追随できるように今後も頑張って参ります!

<ご利用中のオプション>
・タッチパネル再来受付機(QRコードチェックイン)
・キャンセル待ち自動通知機
・アンケート自動集計
・電子カルテ自動連携

貴院の課題解決をお手伝いします。お気軽にご連絡ください。

資料請求する