診療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、クリニック・病院の診療予約管理の効率化、経営改善、集患を実現する医療特化型クラウド予約システムです。時間をデザインする力で診療も経営ももっと柔軟に。受付の業務軽減・効率化・省人化も可能。

コラム

最新のセミナーご案内、過去のアーカイブ配信、お役立ち情報満載のコラムをご案内します

新規開院時の医院の予約数について

予約白書
hagita

約半年前に開院したばかりの医院について患者数があまり伸びていない状況があり改善状況はどこにあるかについて調べてみました。

その医院をA医院とします。A医院は、患者数が足りなくて困っていて、現在約7ヶ月目の医院です。

A医院の開院の半年前に開院したB医院とのデータ比較を行ってみました。
B医院については、現在、約1年近く経っていて現在、患者数については、1ヶ月に1000人を超える月も出てきていて、患者数についてはきちんと伸びていて、問題がない医院です。

開院約半年で患者数が伸び悩んでいるA医院と
開院約1年で患者数がきちんと伸びてきているB医院とで
違いについて調べてみました。

今回注目したのは新患数、新患率がどこまで開院したばかりの医院の患者数の伸び率などに影響しているのかを調べてみました。

まず、A医院、B医院の開院後、7ヶ月の予約数および新患数、新患率の表を下記に掲載します。

上記二つの表を見る限り、A医院、B医院の予約数の平均値は、7ヶ月のトータルで100人以上B医院のほうが多い傾向にはあるが、新患数の平均、新患率の平均ともにほとんど変わらない傾向にあり、新患率については、A医院のほうが多いことが分かります。

ここで、開院したばかりの2ヶ月の新患数や、新患率については3ヶ月目以降と異なりそうだったため、3ヶ月目から7ヶ月目のデータで比較をしてみました。

上記3ヶ月目から7ヶ月目のデータから新患率がほぼ同じであるにもかかわらず、B医院のほうが明らかに新患数が多いことが分かりました。

A医院がこれから患者数をもっと早いベースで1000人まで伸ばしていくためには、明らかに新患数が足りないことが分かります。

最初のスタート時の患者数をきちんと取るためにもは、1ヶ月目、2ヶ月目の施策は大事ではありますが、予約数をきちんと伸ばしていくためには、恒久的に新患を獲得する必要があることが分かります。

あくまで目安ではありますが、このB医院の事例から、開院3ヶ月以降1年以内の医院の新患率は、約15%以上であり、新患数は月間80人以上が目安になることが分かります。

関連記事

share
FaceBookでシェア X(Twitter)でシェア

目次

おすすめ記事

クリニック開業のポイント

カテゴリーから探す

お役立ちコラムメディカル革命コラム予約白書

タグから探す

IVRLINE呼出しLINE連携機能QRコードチェックインUI/UXWEB問診キャッシュレス決済キャンセル対策キャンセル待ちコスト削減コンサルティングリソース管理リハビリ予約リライト診察券レシートプリンタ予約の平準化予約枠コントロール予防接種予約他社切替え内科内視鏡内科医療DX収益拡大受付業務呼出ディスプレイ多言語機能婦人科完全予約制移行小児科待ち時間削減待合室混雑解消患者満足度向上整形外科新規開業時間帯予約検査予約業務効率化病院皮膚科精神科経営管理統計機能美容皮膚科脳神経外科複数拠点経営複数診療科診察の事前準備連鎖予約間隔制御集患電子カルテ連携

キーワードから探す

お問い合わせはこちらから

03-6413-0612

電話受付時間 平日9:00-17:30
※オペレーターへ繋がります。
担当より折り返しさせていただきます。