医療予約システム「メディカル革命 byGMO」は、病院・クリニックの予約管理の効率化、経営改善、集患のサポートを実現するクラウド型の予約システムです。受付の業務軽減・効率化・省人化を実現します。受付・精算業務は再来受付機の設置や、オンライン決済機能を活用することで60%以上削減が可能です。

導入事例

自由診療の多い美容皮膚科クリニックの要望から開発された
「連鎖予約」で一括複合予約を実現

導入事例 美容皮膚科

西宮SHUHEI美容クリニック
住所: 兵庫県西宮市久出ケ谷町10−45
TEL: 0798-42-7963
科目: 皮膚科、美容外科

兵庫県西宮市の阪急夙川駅近くに誕生した西宮SHUHEI美容クリニック様。メディカル革命の導入に迷いがなかったという山本周平院長先生に自由診療の多い美容クリニックならではの予約システムの利用方法、選定理由などのお話を伺いました。

すべての年齢層が美しく元気に長生きできるようにという想いから生まれたクリニック

—— クリニック開院への院長先生の想いをお聞かせ下さい

当クリニックは「日本一お客様を大切にするクリニックを目指す」ことを理念に掲げ、兵庫県の夙川エリアという閑静な住宅街に開院しました。

美容クリニックは20代の女性が利用するイメージがありますが、当クリニックでは開院直後から20代のみならず、30代から50代以上の年齢層の方々に多くお越しいただいています。

エイジングケアの専門である日本抗加齢医学専門医の立場から、「すべての年代の方に元気に長生きしてもらいたい」という想いでアンチエイジングに力を入れていおり、丁寧な治療、心からリラックスいただけるおもてなしを常に心がけています。

—— 幅広い年齢層の方に来てもらえるようにどのような工夫をしていますか?


安心して通える価格設定と豊富な診療メニューを用意しています。今まで美容クリニックは高いと思っていたために一度も足を運んだことのなかったという40代、50代のお客様も来てくれています。

美容の効果は外見がきれいになることにとどまりません。人と会うために外に出かけるようになり、おしゃれもしたくなります。実は美容効果は内面から健康になるというところに大きく現れるんです。

日本は高齢化を防ぐことは難しいですが、いくつになっても若々しく健康に暮らせる社会を実現することは当クリニックの目指すところでもあるのです。

肩こりを和らげたり、疲れにくくする効果のある美容点滴なども用意していますので、体の中のメンテナンスをお考えの方にもぜひおすすめしたいと思います。

20以上の予約管理対象を一元管理。
自由診療の多い美容クリニックならではの「メディカル革命」利用方法

メディカル革命では診察の予約表、検査室の予約表など複数の予約管理対象を1つの画面でまとめて管理することができ、これが基本的な機能でもあるのですが、西宮SHUHEI美容クリニック様の管理画面でまず目をひくのが予約表の数。

診察、受付の予約表の他、看護師の勤務スケジュール表、施術メニューごとの予約表を合計すると20個以上。これらが1画面にずらりと並んでいます。

—— 診察をするドクターは一人なのに対し、管理する予約表がこれだけ多くなる理由は?

当クリニックでは来院いただいた患者さんにはまず受付、次に診察、そして患者さんのご希望に応じて美容施術を受けてもらうという流れがあります。

診察室と処置室は別の部屋になりますので、部屋ごとの予約表が必要です。
これにさらに医療機器などの予約管理が必要となります。また、看護師の勤務状況も把握が必要です。

そこで当クリニックでは看護師ごと、処置メニューごとに予約表を作成することにしました。台数が限られる機器もこれで管理することができます。今後もメニューは増やす予定です。

1人の患者さんに対してドクター、部屋、機器という複数の時間管理が必要になるのは美容クリニック・美容皮膚科クリニックの共通の課題といってよいと思います。

—— それだけ時間の管理対象が多いと院内のスタッフの動線も複雑になるのでは?


そうですね、管理画面はドクターの私、看護師、受付スタッフ全員で見ています。

処置メニューが多いので複雑であることには違いないのですが、各予約表を整然と並べることで、横軸で全体の時間状況を把握しながら機械の稼働状況を同時に見ることができています。

すべての予約を一元管理して全員で共有。スタッフのスムーズな動きを実現するのに役立っています。

「連鎖予約」で複数の枠を一括予約!
美容クリニックの受付業務の悩みを一気に解決する機能

西宮SHUHEIクリニック様はメディカル革命のオプション機能である「連鎖予約」機能をご利用になっています。

1人の患者さんの予約につき、同時に複数の枠を自動でおさえたいという美容クリニック特有のご要望から開発されたこの機能。

連鎖元となる予約メニューを選択すると、連鎖する子メニュー側の空き状況を参照し、空きがあれば同時に一括で枠をおさえることができる仕組みです。連鎖させる子メニューも人の動線に合わせて組み合わせることができ、同時刻または時間差で30分後に子メニューが開始するよう予約、などの高度な設定も可能となります。

—— 「連鎖予約」を導入された感想はいかがでしょうか?

いくら個別に時間を管理する必要があるとはいえ、受付スタッフが1人の患者さんの予約につき複数のリソースの空き状況を確認しながら予約を入れられるかどうか判断していくのは大変です。

「連鎖予約」はその一番大変なところを自動でやってくれます。

「レーザートーニング」の治療をご希望の患者さんの予約を受け付ける、といった場合、受付スタッフは診察の枠で「レーザートーニング」の予約メニューを選びます。そして、予約登録を行うと、診察の枠と同時に「受付」の枠、そして診察が終了する時間からその施術を行う「看護師」の枠と「処置室」の枠の合計4枠を同時におさえます。

もし処置室が他の患者さんの処置で空いていない場合は「空きがありません」というメッセージが出るので、ダブルブッキングを防いでくれます。

—— WEB予約操作でも「連鎖予約」で予約システムの真価を発揮。受付スタッフの負担は?


当クリニックはまだ開院したてなので集客は主に口コミサイトからですが、WEB予約サイトからの予約も徐々に増えています。

WEB予約サイトでは患者さんは希望のメニューを1つ選んで予約操作を完了するだけ。ところが院内の管理画面では連鎖予約の設定がされている複数の子メニューの予約も含め、パズルのピースを埋めるようにきれいに入っていることが分かります。

他の美容クリニックでは患者さんから予約日時の第一希望から第三希望まで聞いて、それを受付スタッフが調整して予約確定の連絡をする、というような手続きを踏むことが多いんです。

この手続きが受付スタッフの作業なく自動で完了してしまうのですから、「連鎖予約」の利用メリットは大きいですね。

クラウド型電子カルテと連携可能な「メディカル革命」の導入を即決定

医院において予約システムを導入するときに一番ハードルになりやすいのが電子カルテシステムとの連携。

メディカル革命では様々な電子カルテシステムとの連携実績がありますが、中でも株式会社メディベースのクラウド型電子カルテ「Medibase」との連携においては、

メディカル革命からMedibaseへの
・患者情報自動連携(患者データ同期)
・来院データ同期
・問診内容同期
および
・メディカル革命画面にてMedibaseのカルテ内容閲覧
を実現しています。

—— メディカル革命を選んだ理由は何でしょうか?

電子カルテとの自動連携ができる予約システムということでメディベースの担当者から紹介されたのが「メディカル革命」でした。

メディカル革命のWEB予約サイトで患者さんにより新患登録した内容がそのまま電子カルテに同期されるので、受付スタッフによる患者情報の二重入力の手間はありません。患者情報を修正する場合も「メディカル革命」側で行うだけでOK。

電子カルテと自動連携できる内容が充実。ほぼ即決でした

「メディカル革命」と「Medibase」の間でできる連携内容にも満足しています。

「メディカル革命」では患者情報だけでなく、WEB予約サイトで患者さんに入力いただいた相談内容も電子カルテ側に同期されるので診療時に確認しています。

患者さんが来院したという情報も予約システム側でステイタス変更後に電子カルテに表示されます。また、予約システム側ではカレンダーに表示されている予約枠からカルテ情報を閲覧できるようになっています。

細かい部分ではありますが、こうした機能があるかないかは医院にとっては大きいのです。まさにかゆいところに手が届いている機能だと思います。

連鎖予約、電カル連携・・・美容皮膚科のニーズにこれだけ応えてくれる予約システムは「メディカル革命」だけでしたので、ほぼ即決でした。

クリニックの今後の展望

—— クリニックの今後の展望と患者さんへのメッセージをお聞かせ下さい


お客様を第一に考えて、ゆくゆくは日本全体の健康長寿の力になれるようなクリニックまたは組織にしていきたいです。

当クリニックでは保険適用の診察も可能ですので、お顔や手足の皮膚のトラブルなどがありましたらぜひお気軽にご相談にお越しください。

19台分の駐車場を完備しており、予約制の託児スペースもありますので、ぜひご夫婦、ご家族で安心して通っていただければと思います。