fbpx




脅威を増すサイバー犯罪に対抗するには、

予約システムにも堅固なセキュリティが必要です



dekirukoto_security_img01


メディカル革命ならセキュリティも万全!



貴院でお使いの予約システム、セキュリティは本当に万全でしょうか。
セキュリティに穴があると、サイバー犯罪に対抗できません。
ひとたび、「ハッキング」や、「ウイルス感染」、そして、「情報漏洩」などのサイバー犯罪に遭ってしまえば、
その被害は甚大で、経営状態にも大きな、そして長きにわたる悪影響を及ぼします。
昨今の動向と、実際に被害を受けた事例をご覧ください。

サイバー犯罪の脅威は増! その衝撃も大

警察庁によると、2015年のサイバー犯罪などに関する相談件数は、
全国で12万件超。前年よりおよそ10万件の増加です。
このうち不正アクセスやコンピューターウイルスに関する
相談件数はおよそ7千件。前年比では減少しているものの、

  • 攻撃方法の多様化
  • 探索方法の多様化
  • 多国籍化

と、サイバー攻撃は複雑多様化しています。
サイバー犯罪の脅威は、弱まるどころか、ますます強大に
なっているのです。

出典:警察庁「平成27年におけるサイバー空間をめぐる
   脅威の情勢について」


事例1|大手企業サービスの顧客情報流出

2014年、大手企業・A社の業務委託先元社員が、サービス利用者の個人情報を不正取得し、
名簿業者へ売却したことが発覚。流出件数は、約2,000万件超と推計されました。
この事件で役員が引責辞任となったほか、被害に遭った利用者に送付したお詫びの品は
総額200億円といわれています。


事例2|医療機関へのサイバー攻撃

2016年2月、米カリフォルニア州の病院でシステムがハッキングされ、ウイルスに感染。
病院のネットワークが1週間以上にわたってダウン、メールや患者のデータが失われました。
患者の個人情報やレントゲン写真、検査記録などの医療データにアクセスできないため、
多くの患者が治療を受けられず、一部は他院への移送せざるを得ませんでした。
メールも使えなくなったため、業務効率も大きく低下したといいます。


このようなサイバー攻撃から身を守るためには、
堅牢なセキュリティ性を備えた予約システムを選ぶ必要があるのです。

dekirukoto_security_img09

貴院の情報・信頼・経営そして患者様を守るために、

セキュリティも万全なメディカル革命におまかせください


メディカル革命のセキュリティは業界トップクラス

大手企業からも厚い信頼

shake hand2 ・大手企業 多数の審査を通過
・クリアした審査項目は、各社200項目以上




IPAのセキュリティ水準に準拠

IPA(情報処理推進機構)の安全基準に準拠
・IPAなどセキュリティ関連の公的機関や企業の発信するセキュリティ動向を常にリサーチ

業界14年の実績と研究開発

・予約システム業界で、14年の実績
 技術・経験・知見が豊富
・セキュリティ技術の研究開発
 例)Webアプリケーションファイアウォール、セキュリティアタック自動遮断技術
 などを開発
・インフラ面でも最高の体制
 例)ログの自動監視や侵入検知、ログイン権限を厳重に管理、最新のセキュリティ体制


このように、メディカル革命はさまざまな基準をクリアした、

高セキュリティ・高信頼性を備えたサービスなのです。