挑戦ブログ

  • 挑戦ブログ
  • 2016.01.20

操作性向上への挑戦! タブレット端末からの利用を、もっと便利に

1

タブレット端末からの操作、その利便性


正確さと迅速さが大事な歯科診療においては、予約も正しく手早く行いたいものですね。
タブレット端末から予約システムをご利用になれば、受付ではもちろん、診察台で医師と患者様とが直接お話をしながら予約を取りたい場合(チェアサイド予約)でも、スムーズに作業を行うことができます。
弊社の予約システムDentryもタブレット端末に対応しており、すでに多くの医院様にご活用いただいております。
今回はネット予約システムをご利用または導入を検討しているクリニック様に、お話をうかがいました。


歯科クリニック様の声


これからネット予約システムを導入するつもりでいます。チェアサイド予約もできるようにしたいので、タブレット端末からも操作できる製品を選びたいです。

X社の予約システムを使っているのですが、特にタブレット端末からの利用だとセキュリティに不安があります。業務で使い続けるには、少々頼りないですね。

Y社の予約システムを使っていますが、タブレット端末で操作すると動作が遅くなってしまうのが難点です。

何社かの予約システムを試してみましたが、操作性が不十分なものがほとんどです。例えばボタンを押しても反応しにくいとか……
いつでも快適に操作できる製品を、長く使っていきたいです。

弊社のDentryは、もちろんタブレット端末からの操作にも対応しています。
セキュリティ面でも、一流水準の対策を行っておりますので、タブレット端末からも安心してお使いいただくことができます。
動作も軽く、スムーズな業務を妨げることはありません。
操作性については改良していく余地がまだまだありそうです。セキュリティ面や速さも大事にしつつ、操作性の向上に力を入れていきます!


クリニック様、患者様のご要望にお応えするため…


Dentryは現在、操作性の向上に力を入れています!

弊社では、お客様へのヒアリングをこまめに行い、ご要望をダイレクトに反映しています。

現在は、特にご要望の多い「操作性の向上」に力を入れています。
たとえば……
(1)カレンダー画面の拡大
(2)予約カレンダーの動作精度向上
(3)ミニカレンダーの操作をより直感的に
に取り組み、さらに快適に操作していただけるよう、努めている最中です。


開発チームからひとこと


Dentryは、「実際のご利用」を想定してテストと改善を繰り返し、継続的にバージョンアップを行っております。
このためタブレット端末からでも、常にあらゆる面で高い水準をもつシステムをご利用いただけます。
現在多くのクリニック様にて、受付カウンターはもちろん、チェアサイドでもご活用中です。

セキュリティ面では、
● ログイン認証の堅牢性の向上
● https通信の利用
● コントロールパネル操作ログの保存・表示
● アクセスコントロール機能の搭載
など、一流水準のセキュリティ対策を行っております。

動作速度については、
● サーバサイドのチューニング
● iPadなどのタブレット端末に特化したチューニング
● インターフェースの工夫
など、0.5秒以内のレスポンスを目標に、チューニングを行っております。

歯科医院の業務は正確さ・迅速さがカギ。
みなさまの業務をさらに快適に、スムーズにするお手伝いができるよう、
Dentryはいつも進化しています。