GMO医療予約技術研究所株式会社が運営するメディアです。医院の経営や集患に関する情報を発信しています!

予約制度導入だけでいい?効果を発揮する集患・増患対策とは

今回は株式会社医療コンサルタント 代表コンサルタント 高野聖義さんにご寄稿いただき、予約制度導入における効果についてお話しいただきだいと思います。

予約制度導入による効果とは

予約制度を導入する事により、得られる効果についてお話いたします。

予約制度を導入すれば患者数が増える、と考えてらっしゃる医院さんも多いようです。
しかしただ単に予約制度を導入しただけで、全ての医院がそのままイコール増患に繋がるわけではありません。

予約制度導入が増患に直結するのは、既に患者の待ち時間が発生しているような患者数が増加している医療機関です。

混雑する時簡帯を整理して予約枠をうまく作り出すことで患者数の増加が期待できます。

それでは開業後など、まだ患者数が少ない医院はどうでしょうか?

こういった医院においては、予約制度の導入がそのままクリニックの魅力を高めるわけではないのです。
忙しい主婦などの予約制度を好むターゲットに対しての広告で伝えることで一部新患の増患にはつながりますが、すぐに患者数が増加するというのは過去の経験上考えにくいです。
この場合予約制度導入とともに、別のことをやらなくてはなりません。

紹介患者数増加対策や口コミの管理、年齢層及び診療圏分析、そして顧客サービスの向上(患者への説明の仕方や薬の提供方法の見直し、HPの強化等)、といった集患・増患対策を行う必要があるのです。

既に予約制度を導入している医院さんであれば、Webによる予約窓口を新たに設けるだけでも増患の効果は期待できるでしょう。若い患者層へのアプローチができます。

ノートを使ってアナログの予約管理をする時代ではありません。
予約管理のための『システム』をしっかり導入していく必要があります。

できれば、電子カルテに付随しているような簡易的な予約システムではなく、純粋な予約システムを導入する方が高い効果を期待できます。

前述した紹介者管理や分析機能など、将来的な集患・増患対策に対応できる予約システムをしっかり見極め、今後の医院の経営に役立てていくことが大切です。

多彩な統計機能で医院経営を支えるDentryにご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

takano画像
株式会社医療コンサルタント 代表コンサルタント

高野 聖義

競争が激化する医療業界において、開業支援のみならず、開業後の経営支援をサポートする医院収益向上コンサルティング業務を行っております。
http://www.iryouconsulting.jp/
http://ameblo.jp/mark-t/

医科特化型予約管理システム メディカル革命 歯科特化型予約管理システム Dentry