GMO医療予約技術研究所株式会社が運営するメディアです。医院の経営や集患に関する情報を発信しています!

株式会社八木屋様インタビュー × 歯科特化型予約システム

2016年3月リリース予定!これまでにない!
歯科医院様向けの「次世代型」診療予約システムが遂に誕生します!

今回の歯科特化型予約システム「Dentry」は、歯科レセプト運用サポート・歯科専門コンサルティングを手掛ける株式会社八木屋代表 八木正之様のご協力のもと、歯科様の運用・管理のアドバイスをいただいておりました。おかげ様で患者様・歯科医院様の双方にご満足いただける利便性の高いシステムをお届けできるかと思います。まだリリース前ではありますが、 診療予約システムの導入を検討中の歯科医院様に「Dentry」の魅力をイチ早くお伝え致します。現在、予約システムの導入を検討中の歯科医院様は是非ご一読ください。

歯科特化型予約システム「Dentry」の特徴や今後の展望について、
株式会社八木屋代表 八木正之様にお話を伺いました。

「予約システム2.0」とも呼ぶべき優れたシステム


–今回、開発にあたりアドバイスいただいた歯科特化型予約システム「Dentry」 の特徴や魅力はどこにあると思われますか?

最大の魅力は、Web広告等と連動した「新患獲得」に加え、これまでスタッフがアナログ操作していた「診療内容・治療時間・駐車場の管理」といった実務をシステム上で賄える可能性が高いということですね。

個人的な見解としては、現在、歯科業界で流通している予約システムの多くは空き時間を新患獲得に振り分けるだけの医院都合の要素が強く、導入費を投じた割にリターンが少なく、患者・医院双方のメリットは少ないと感じています。また、これまでの紙台帳等による予約管理は、患者様の予定を考慮した「患者様都合」の予約管理と、治療内容・治療時間・補綴物等の納期に準じた「医院側都合」の予約管理を並列処理しながら運用・管理してきたため、デジタル化が難しいと言われていました。 

しかし、今回リリースされる歯科特化型予約システム「Dentry」は、紙台帳による「アナログな並列処理」と近い形で運用でき、さらに、患者様側が予約を取得するだけの一方的なシステムとは異なります。患者様・医院の双方がWebを通して「予約→診療管理→メンテナンス期間」までの流れを一元管理できるプラットフォームを有した「予約システム2.0」とも呼ぶべき優れたシステムになると期待しています。

“きめ細かいサポート”を日々実現できるかが最大の課題


–「Dentry」のどのような点に期待していますか?
導入後のきめ細かなサポートは予約システムの普及に欠かせないと思います。というのも、現在、日本には約6.8万件の歯科医療機関が存在し、そのうち、約90%以上が小規模の歯科医院です。(H26年2月末日概数=68,462件 内:個人開設数56,176件 個人開設率=81.93%)

小規模事業ゆえに投入できる人的資源や時間は限られていますし、患者満足度の高い予約システムをそつなく扱うには“スタッフの力量”が伴わなければなりません。しかし、その力量の元となる「やる気」の醸成やスタッフ教育など、医院側が担うものは大きいのです。また、歯科業界で複雑なシステムの代表例と言えばレセコンです。日々の診療記録の作成、診療報酬請求等、医院運営には欠かせない基幹システムではありますが、診療報酬制度そのものが複雑なルールに縛られている上に、臨床そのものを理解していないと適正な処置入力・お会計等は実行できません。レセコン導入時にインストラクターによる指導はあるものの、レセコンメーカーは窓口サポートに割ける人的資源は少ないのが現状です。したがって、日々医院で生じる様々な疑問や課題を直接メーカーに問い合わせて解決するのは非常に困難です。

恐らく、御社も予約システムもデバッグや改善作業に追われ、裏方は忙しい現状だと察しますが、「それらの作業を担いつつ“きめ細かいサポート”を日々実現できるか?」が最大の課題になると思います。手厚いサポートで定評のある御社ですから、是非期待したいです。

来る予約システム3.0はさらに利便性を追求したものに進化


–八木様は早くも「予約システム3.0」の展開を見据えていらっしゃるそうですが。

今回リリースする歯科特化型予約システム「Dentry」(予約システム2.0)は、患者様・医院側の双方向のコミュニケーションを実現するシステムですが、来る予約3.0はさらに利便性を追求したものに進化すると予測しています。

具体的には、予約・診療データをデータベース化し、その情報を一人ひとりの患者様が自分でコントロールできる仕組みです。患者様自身が必要に応じて「予約の取得・変更」ができ、治療歴から「未来のメンテナンス時期や必要な治療」を管理・活用できるようになるのが理想ですね。

一方、医院側は、蓄積されたコミュニケーションや治療実績から一人ひとりの患者様に応じたサービスの抽出が容易になり、患者様を健康へと導く医院経営の武器となるはずです。今の御社の開発力を持ってすれば、予約3.0の幕開けも近いのではないかと感じていますし、その実現に向けて私もアドバイスしていければと思っています。

株式会社 八木屋
歯科医院専門のレセプト支援、開業支援、運営支援など様々な経営課題をサポート。
レセプト支援では、経営状況に沿った変動型の支払プランと月1回の歯科医院訪問による総覧 点検プランの2つの委託形態を用意し、多くのクリニックの悩み解決に尽力しています。


歯科医院のレセプトをサポートする八木屋
http://www.dental-rezept.com/

歯科開業・歯科医院経営コンサルタントの八木屋
http://yagiya-d.com/

医科特化型予約管理システム メディカル革命 歯科特化型予約管理システム Dentry