GMO医療予約技術研究所株式会社が運営するメディアです。医院の経営や集患に関する情報を発信しています!

健診センタープランを開発中! 受付業務の負担を大幅に減らします

p-carte

「企業検診センターで利用するための予約システムを作ってほしい」
というご要望を、お客様からいただきました。
そこで現在開発しているのが、企業検診予約に対応した、「検診センタープラン」

今回は、この「検診センタープラン」の魅力をお伝えしていきます!

紙&電話の予約管理はここが大変!

従来、多くの検診センター様と企業様は、電話(またはメール、FAX等)で連絡を取り合って受診スケジュールを作成、センター様は紙かPC(ただし、オフライン)の台帳で予約を管理していました。

スケジュールの決め方は主に、
① 検診センター様が決める
② 企業の担当者様が決める
③ 受診者(社員)様が検診センターに電話して決める
の3パターンですね。
ただし、この3パターンにはいずれも問題点があります。

① 検診センター様がスケジュールを決める

企業の担当者様から渡された受診者リストをもとに、検診センター様が受診スケジュールを作成します。
この方法では、検診センター様に業務負担が生じます。
また、せっかく作ったスケジュールでも、受診者様の都合が合わず、調整しなくてはならない場合が多くあります。

② 企業の担当者様がスケジュールを決める

検診センター様が用意した受診可能枠のなかで、企業担当者様がスケジュールを組みます。
この方法では、企業の担当者様に大きな負担が生じます。
さらに①と同じく、受診者の都合が合わず調整をしなくてはならない場合が多くあります。

③ 受診者(社員)様が検診センターに電話して決める

受付時刻・曜日が限られているので、特に忙しい受診者様は電話するタイミングを逃してしまいがちです。
予約を忘れてしまうおそれもあります。
また検診センター様側でも、予約電話がかかってくるたびに、応対や台帳への記入(入力)をしなくてはならず、無視できない負担となります。

クラウド化で問題を解決!

検診センタープランの大きな特徴は、
・受診者(社員)様がご自分で、ネット上で予約を取る
・予約はクラウド上で管理される

の2点です。

検診センター様にも企業の担当者様にもスケジュール作成の負担はかからず、受診者も休日や夜間でも予約作業を行うことができます。
予約があるたびに電話応対や台帳記入をする必要もありません。

検診センタープランの使い方

kensinplan

こちらが受診者(社員)様用予約ページの画面です。
複雑な操作はなく、スマートフォンからもアクセス可能です。
予約確定後の確認・変更もできます。

pc-calendar

予約日時もカレンダー形式で簡単にご指定頂けます。

予約までの流れ

i-MRI

① 問合せ

企業の担当者様から、受診希望の連絡が入ります。

② 企業情報を登録

検診センター様は、企業の保険証番号や企業情報を登録します。

③ 予約方法の共有

検診センター様は企業の担当者に予約方法を伝えます。
企業の担当者は受診者(社員)に予約方法を共有します。

④ 受診者(社員)様が予約する

受診者(社員)様がそれぞれ予約を行います。予約の流れは、

予約ページ(スマートフォン対応)へアクセス
→保険証番号を入力し、企業を特定
→利用登録
→会場と日時を選択
→予約完了

となります。
予約確定後も、受診者(社員)様は予約の確認や変更を自身で行うことができます。

検診センタープランで、予約受付・管理業務の負担を大幅減!

今回は、現在開発中の検診センタープランについてご紹介いたしました。
そのメリットはなんといっても、予約にかかわる業務負担の大幅減です。
プランを導入する検診センター様にとってはもちろん、企業のご担当者様、受診者(社員)様にとっても簡単・便利になります。
みなさまにご満足いただけるよう、開発をさらに進めて参ります!

Dentryは、お客様のご要望を大切にした機能作りが大変好評です。
日々進化を遂げるDentryに、ご期待ください!
医科特化型予約管理システム メディカル革命 歯科特化型予約管理システム Dentry