GMO医療予約技術研究所株式会社が運営するメディアです。医院の経営や集患に関する情報を発信しています!

WEB予約で人間ドックの新患獲得!! 月間新患数を2倍に増やした事例

一般患者さん向けの人間ドック予約というと、新規患者さんの呼び込みに苦労されていませんか??

そこで今回は、WEB予約を活用し、健診予約を【7件前後から→→15件】にした事例をご紹介します。

私のクライアントに消化器系の人間ドックのサービスを行っているT病院様があります。
電話のみで予約を受け付けていたのですが、期待していたよりも予約数が少ないという課題をお持ちでした。

最近WEB予約が一般的になってきていることもあり、受付の口を一つ増やして、少しでも予約数を増やせれば、という気持ちで弊社の「メディカル革命」を導入していただきました。

結果、WEB予約を導入した初月に計15件の予約を獲得することができ、これまでの月平均7件を大きく上回る集患を実現することができました。

ここまで大きい成果を上げることができたのは、下記3つの要因があるかと思います。

①WEB予約受付で時間的な機会損失を防げたこと
電話予約だと、病院の営業時間内でしか予約を受け付けることができません。

就労者の場合は、平日は就業時間中に電話をかけて予約しないといけないことになり、
なかなか予約しにくい部分があります。

休日についても、病院は土曜日の午後、日曜日は営業時間外のことが多く
電話で予約を受けつけることができる時間が限られています。

特に休日の営業時間(予約受付時間)が短いことで、他業種のサービスと比べても機会損失が発生している可能性が高いということも考えられます。

WEB予約であれば、24時間365日いつでも予約受付をすることが可能であり、
このような機会損失の発生を防ぐことができます。

②WEB予約受付で心理的な機会損失を防げたこと
なかなか就業時間中に、休み時間を含めて一人になれる時間がない方もいらっしゃいます。
※営業など、外出が多い部署でない人は結構当てはまるのではないでしょうか。

その場合電話予約だと、周囲の人に聞かれてしまうかもしれない状況で電話するしかないのですが、
身体・健康に関することなので、他人に知られたくないと思われる方も多いかと思います。

WEB予約であれば、スマートフォンから簡単に予約がとれますので、誰かに知られてしまうリスクがありません。このような心理的な理由で発生していた機会損失の発生を防ぐことができます。

③病院HPへのアクセス数が多いこと
実は病院のHPって、アクセス数がかなり多いのです。

また、多数が「病院名」で検索してアクセスしてきており、既に貴院を
知っている人なのです。

「人間ドック」目当てで検索している人はごく少数だとは思いますが、
貴院のことを知っている人であれば、ある程度親近感を持っていることも
考えられるので、HP上で人間ドックを行っていることをPRし、そのまま
WEB予約につなげることは効果の高い施策といえます。

以上となります。
もちろん、地域性等で予約の増加数は変わってくるかと思いますが、自身をもって
言えるのは、増えることは間違いないです!

弊社の「メディカル革命」は「月額2万円」「1カ月契約」でお手軽に始めることができます。
一度試しに利用してみてはいかがでしょうか。

医科特化型予約管理システム メディカル革命 歯科特化型予約管理システム Dentry