医療予約技術研究所が運営するメディアです。医院の経営や集患に関する情報を発信しています!

ホームページに空き状況(予約状況)を表示! 新機能で簡単集患

p-machiai

病院やクリニックを訪れる際、多くの患者様がWEB予約をされることは、ご存知と思います。

その理由は何よりも、「待たされたくないから」
常に混雑している病院や、風邪やインフルエンザで体調を崩しやすい時期などは、待ち時間は特に長くなりがちです。
しかし多くの患者様は日々忙しく時間を無駄にしたくありませんし、体調を崩しているときは待つだけでもつらいものです。
だから患者様は、少しでも待ち時間を減らそうと、WEB予約を利用するのです。

しかし予約システムには、欠点もあります。
その一つが、「空き状況が表示されるまでのステップが多すぎる」ということ。
個人情報を登録し、ログインし、やっと空き状況を見ることができたかと思うと、自分の都合のよい日時が空いていない……
患者様にとって、これは本当にストレスフルです。
体調が優れないときなら、なおさらですよね。

これを解決するために、弊社では空き状況のリアルタイム表示ができるWebパーツ(ガジェット)を開発、歯科予約システム Dentryと医科予約システム メディカル革命にて、当機能の提供サービスを開始しました。

akijoukyou

このように、すでに多くの医院様のホームページ上で、空き状況を見ることができるようになっています。
今回は、このガジェットの強みや活用方法についてご紹介していきます。

なぜホームページ上なの?

では、これまでのような予約サイトの中ではなく、あえて「医院ホームページ」に空き状況を表示させるのには、どんな理由があるのでしょうか。

ホームページはクリニックの顔!

i-doctor2_04_laugh

患者様がクリニック探しをする際、最初に目にする情報は医院のホームページです。
近年は、PCやスマートフォン等の電子デバイスの普及により、来院前にホームページを確認する患者様が増えています。
すなわち、ホームページが貴院の顔になっている、ということです。

患者様は、ホームページから、以下のような情報を得ようとしています。

① 受けたい診療を提供しているか
② 通える場所にあるか
③ 清潔感があるか
 ……など

重視される点は患者様によって異なりますが、以上3点を確認される方は多いでしょう。
これらの条件をクリアすれば、「ここなら大丈夫そう」と判断されます。

次に確認されるのは、「いつなら診てもらえるか」ということです。
健康診断や定期健診先を探している方以外は、「症状が今出ているので診てほしい」というお気持ちでしょう。
今すぐ診てもらえるのか? 1時間後ならOKか? 明日にならないと駄目か?
……と、患者様は明確な答えを求めています。
得られた情報をもとに、患者様はご自身の都合と照らし合わせ、スケジュールを立てます。

ただし、電話で直接尋ねるとなると、診療時間内にかけなくてはならないという制約があります。
待たされる場合もあるでしょう。
しかし予約状況がホームページにリアルタイムに表示されていれば、こうした心配はありません。
早朝や夜中、土日に症状が出た場合でも、空き状況の確認やWEB予約をすることができます。

空き状況表示ガジェットの活用方法

ワンクリックで、WEB予約ページへ

WEB予約サイトへは、空き状況表示ガジェットからワンクリックでジャンプすることができます。
空き状況は、30分を1枠として、○(受付中)、△(残りわずか)、×(予約不可)の3種類のマークで表示されます。
○か△の枠からご都合のよいところを選んでクリックすると、WEB予約サイトにジャンプします。
このように、空き状況の確認~WEB予約が1つの流れの中でできるのも、このガジェットの強みなのです。

トップページに表示させよう

i-computer_search_kensaku

空き状況は、ホームページの中でもトップページに表示するのが最も効果的です。
Nielsen Norman Groupの調査では、ホームページを閲覧する人は、同じページに1分以上留まらない、という結果となっています。
すなわち、クリニックのページでも、患者様が必要としている情報が59秒以内に見つかる場所にないと、別のクリニックのホームページに移動されてしまう可能性が高い、ということです。

参照

https://www.nngroup.com/articles/how-long-do-users-stay-on-web-pages/

したがって、患者様が欲しい情報(=空き状況)はトップページに表示するのがベストであり、そうすることで確実に「来院できる」患者様をWEB予約ページに誘導することができるのです。

まだまだあります! 空き状況表示ガジェットの強み

空き状況表示ガジェットはすでに多くのクリニック様にお使いいただいており、ご好評をいただいております。
さらに、ホームページ制作会社様からも高い評価をいただいております。

WEB予約システムとの連動で、手動更新不要

予約管理は、予約システムDentryまたはメディカル革命で行っていただきますが、そのデータはホームページ上の空き状況表示ガジェットに自動的に反映されます。
したがって、ホームページ用に予約状況を更新する手間も必要ありません。

設定も手間なし簡単!

空き状況表示ガジェットには、iFrameによるものとJavascriptによるウィジェットのものとがあります。
iFrameでは、既存のホームページに弊社が提供するタグを埋め込むだけで、簡単に予約状況が貴院のホームページに表示されるようになります。
Javascript版ではCSSを設定することにより、ホームページに表示されている他コンテンツと合わせた予約状況一覧を表示させることができます。
Javascriopt版は、ホームページ制作会社様等に提供しております。

まとめ

今回は、空き状況表示ガジェットについてご紹介しました。
この機能の強みは、以下の3点です。

・空き状況をすぐ確認できる
・WEB予約ページにワンクリックでジャンプ
・手動更新する必要がない

貴院のホームページ上に、集患ツールを1つ増やしてみるのはいかがでしょうか。

メディカル革命・Dentryは、お客様のご要望を大切にした機能作りが大変好評です。
日々進化を遂げる当社の製品に、ご期待ください!
医科特化型予約管理システム メディカル革命 歯科特化型予約管理システム Dentry